一人暮らしをしていて荷物が収納しきれなくなった経験がある方は多いのではないでしょうか。

捨てられれば簡単ですが、いきなりそうもいかないですよね。

 

私の場合、郊外に格安のトランクルームを借りていました。

しかしそのうち、トランクルームの代わりに広いアパートを安価で借りれば、コストが下げられるのでは思いついたのです。

結果は……。

 

 

格安トランクルームを便利に使っていたが

一人暮らしをしていた時のこと。

もともと荷物が多かったのですが、駅近くで交通の便も非常によい物件にめぐり合い引越しを決めました。

家賃の関係もあって部屋は狭めでした。

このためあふれ返った荷物を田舎の安いトランクルームを借りて収納することにしました。

 

車を所有していたので、トランクルームは少し遠かったのですが、快適に荷物置場として使用していました。

しばらくたって借りているトランクルームは空いてきました。

少しずつ荷物を手放したりして量が減ってきたのです。

 

折りしも経済的には少し苦境になってきていたこともあって、格安といえどもトランクの利用料が重みになってきており、なんとかこの負担をなくしたいと考えるようになりました。

 

 

究極の選択?安いトランクルーム近くの「田舎」に引越しして、荷物は自宅に収納

引越し道具の写真です

 

他人は頼らず、自力で解決することに決めて、引越し先を検討した結果、トランクルームのそばの物件を借りることにしました。

トランクルームが格安であれば、賃貸物件の相場もこれと連動して安いのではと考えたのです。

 

調べてみると期待通り、広くて安い物件が数多くありました。

ただし地域的にほとんどプロパンガスのエリアでした。

 

以前にプロパンガスを使用した時にガス代が思った以上に高かったという経験があったので、都市ガス物件を探しました。

都市ガスの物件はなかなかみつからなかったのですが不動産屋さんの協力もあって、3部屋もあるのに格安の物件が無事みつかり、契約することになりました。

 

一部屋は完全に荷物部屋としてトランクルームの代わりに使用することにし、トランクルームは解約しました。

引越しによる一時経費はそれなりかかりましたが、家賃も引越し前の物件より安くなり、そしてトランクルームの賃料の支払もなくなり、この時点では「大成功」と胸を張って思っておりました。

 

 

コストは安くなったが、しかし。

電車

 

トランクルームの利用料含めて、コストを大幅に減らせて喜んでいた私ですが、時が経つにつれ不満がつのってきました。

まずは荷物部屋の存在です。

間取りの関係で動線として荷物部屋を通らなくてはなりませんでした。

 

毎日積み上げられた荷物が目に入り、「ここに荷物がなければなあ」という思いが常につきまといました。

荷物にはホコリもたまります。

 

さらに不満となったのは、この土地の交通の便の悪さ。

車を所有していたので、車移動であれば特に問題なく、以前の住んでいたところより多少時間がかかるぐらいだったのですが、電車とバスの便が最悪でした。

本数も少ないのは仕方ないとして、どこへいくのも乗換が必要で、乗り継ぎも悪かったのです。

 

 

自宅に荷物を入れることの検証~「専門」には勝てない~

コンテナ

 

自宅に荷物部屋とトランクルームを比較してみると、荷物置場専用となるトランクルームの方が快適に使えます。

自宅に収納する場合は、そこに荷物がなければということをどうしても考えてしまうからです。

 

経験からいえるのは、もし自宅に荷物専用部屋をつくるなら、生活動線に一切関与しない位置の部屋にすることが大事だと思います。

つまり玄関からセパレートとして独立している部屋とか、一番奥まったところにある入り口も一つの部屋とかです。

なかなかそういう間取りのものは少ないと思いますが、”荷物部屋の扉を閉じきって、普段は開ける必要もない”ということにしないと不満がつのる可能性が高いと思います。

 

逆に自宅に荷物部屋があってよかったことですが、まずは移動時間なしで出し入れし放題ということです。

トランクルームを借りていたときは移動の時間は結構かかりましたので、そこで出し入れし損なったものが一度行った直後にみつかったりすると嫌になってしまいましたが、目の前にあって出し入れ自由というのは確かに便利だと思いました。

 

もう一つ自宅の荷物部屋のメリットとして感じたのは、容易に換気ができることです。

通常トランクルームは密閉空間となりますので、荷物の出し入れするときにぐらいしか換気できませんが、自宅に荷物があれば定期的に空気の入れ替えができるので、これはトランクルームにはできない利点と感じました。

 

 

最後に安いトランクルームの近くに荷物部屋付きの物件を借りたことに対する自分なりの総合評価をいたします。

コストを最優先とするなら、この選択は大正解だったと思います。

この広さで、この賃料のアパートは、以前の暮らしていたところからの延長線上で探してもみつかることはおそらくなかったと思います。

 

私の場合は、交通の便の不便さを受け入れることができず、それほど長持ちせず引越しすることになってしまいましたが、よくよく生活のイメージをしたうえで、コストとのバランスを踏まえて決意すれば、格安トランクルームの周囲の物件というのは本当におすすめできると思います。

 

荷物部屋の設置しやすい間取り、立地や交通、周囲の環境など考えなくてはいけないことはたくさんあります。いろいろなシーンをイメージして問題ないか確認した方がよいでしょう。

 

もし何かがひっかかるようでしたら、無理に自宅の荷物を入れるのではなく、格安のトランクルームを利用する方がよいかと思います。

何事も「専用」のものにはかなわないと感じた私の一人暮らしの時の自宅への荷物収納体験でした。

 

 

 

Twitter:収納の「リアル」を、トランクルーム運営会社社員(兼子育てママ)が毎日つぶやきます。
Facebook:運営会社をもっと詳しく知りたい方はぜひフォローを!

 

 

【公式LINE始めました!!】




友だち追加

トランクルームバナー