ナイトワーカーが結婚すると気になるのが、「身バレ」や「ストーカー」。

万が一お店のお客様に既婚がバレたら、逆に夫にバレたら、大変なことになるのが目に見えています。

 

そこで、身バレ対策のために、当初夜職の荷物を隠すために契約したトランクルームで着替えてから出勤・退勤するようになりました。意外なことに、こんなに狭いトランクルームでも、十分に着替えができたのです!

今回は、私と同じように身バレやストーカー被害を気にされている方や、コスプレ・女装・男装をしたい方、家族に内緒の服に着替えて出かけたい方などに向けて、オススメなグッズや注意点などをご紹介します。

 

 

トランクルームなら、狭くても意外と着替えられる!

私が契約したトランクルームは、たった0.5帖のコンパクトなトランクルームです。

ここに靴や撮影に使った水着、ドレスなどが所狭しと収納されています。大体トランクルームの床半分くらいが、荷物に占領されているような状態です。

 

でも、着替えって意外と場所を取らないんです。

平均身長・平均体重の女性であれば、0.5帖のトランクルームでも問題なく着替えられると思います。

なぜなら、着替えに一番必要なスペースは、棚などがなければ一番荷物を置きにくい高さだからです!

 

特に腕まわり、腰回りのスペースが十分にあり、しゃがめる程度の広さがあれば、狭いトランクルーム内でも、意外と難なく着替えることが可能です。

 

 

トランクルームに鏡・ウェットティッシュ・ティッシュがあれば、コンタクトの付け外しも問題なくできます。

私は小物などを収納している箱を台代わりにして、コンタクト装着コーナーを作りました。

 

1Dayレンズの場合は水分を含みパッケージのゴミが出ますし、使い終わったティッシュも邪魔になります。

コンタクトの付け外しをしたい方は、ゴミ袋も用意しておくことをオススメします。

 

 

 

トランクルームでの着替えに、絶対必須な3アイテム

トランクルームで着替えたい方に、絶対用意しておいて欲しいアイテムが3つあります。それは

・フック

・傘立て

・ハンガー

です。

それぞれのアイテムがなぜ必要なのか、簡単に説明していきます。

 

・カバンをかけておくためのフック

 

トランクルームに入ったら、着替える前にとりあえずカバンを置きますよね。

着替えスペースをなるべく確保するために、カバンはフックにかけておくのがオススメです。

重くても取れにくい、磁石タイプのフックを選んでください。

・傘立て

 

狭いスペースで着替えるとなると、濡れた傘が予想以上に邪魔になります。

トランクルームの外や、ドアの前に置いておいても構わないとは思います。

ただ、着替えとなると時間もかかるので、トランクルーム内に持ち込むのが一番安全です。

 

コンパクトな傘立てを用意しておけば、濡れた傘が倒れてイライラすることもありません。

カバンなどをかけられるフックや、タオルをかけられるバーなどで代用してもOKです。

 

・ハンガー

 

これから着替える服や脱いだ服は、ハンガーにかけるのが一番邪魔になりません。

トランクルームで脱いだ服は、戻ったら着て帰るはず。

床に投げておく訳にはいきません。

 

天井がメッシュになっているタイプのトランクルームであれば、天井にハンガーをそのままかけることができます。脱いだ服は、なるべく他の物と触れない位置にかけておきましょう。

 

 

トランクルームで着替える際に、あると便利な4アイテム

トランクルームで着替える際、地味に買ってよかった!と思った便利グッズを4つ紹介します。

 

・ファブリーズなど、衣類の除菌消臭スプレー

 

トランクルーム内の湿度は少し上がってしまいますが、衣類の除菌消臭スプレーはあると便利です。

もしかしたら「必須」と言ってもいいかもしれません。

脱いだ服にスプレーしておけば、戻ってきて着る時の臭いも安心です。

私は省スペースと節約のために、100均のボトルに詰め替えて、トランクルームに常設しています!

 

・シャツシャワーなどのクールスプレー

 

夏場のトランクルーム内は、正直若干暑いです。

空調は効いていますが、決して「涼しい」と感じられる温度ではありません。

特にこれからの時期は、歩いて帰ってトランクルームで着替えて汗だく…なんてこともしばしば。

 

そこでトランクルーム内に、シャツクールなどのクールスプレーも置いておくと便利です。

私はこちらも100均のボトルに詰め替えています。

 

・使い捨てしていいタオルや雑巾、ゴミ袋

 

雨が降った日は、カバンや傘、靴が濡れてしまうことも当然あります。

個人的には、トランクルーム内で着替えをしない方も、使ったら捨ててもいいタオルや雑巾は、何枚か用意しておくことをオススメしたいです。

汚れた服や靴でトランクルームに入れば、ルーム内が汚れてしまいますからね。。

 

そして、使った雑巾やティッシュなどを入れるゴミ袋も、あった方が圧倒的に便利です。

そのまま捨ててしまえる自治体のゴミ袋なら、なおさら便利ですよ!

 

・磁石で付けられるミニシェルフ

 

トランクルーム内では、必ずすぐにスマホを出せるようにしておいた方がいいです。

長時間トランクルーム内にいると、自動で電気が消えてしまうかもしれないからです…。

着替えていなければそこまで問題ありませんが、もしズボンを脱いでいる最中だったら本当にマズいです。

 

磁石などで壁に付けられるミニシェルフを用意して、スマホの定位置にしておくのがオススメです。

トランクルームの鍵も一緒に置いておけば、鍵も忘れず安心です。

 

 

トランクルームで着替えたい方が注意すべきこと

最後に、トランクルームで着替えをしたい方に注意してほしいポイントを3つご紹介します。

 

・内側から鍵をかけられる構造であること

 

鍵の構造が、ドアが開かないように内側からロックできるかどうかは、トランクルームで着替えたい方にとって最重要なポイントです。

写真のような構造であれば、内側から手でロックをかけられるため安心です。

見せないためにも、見られないためにも、トランクルームで着替えたい方は必ず事前にチェックしてください。

 

・監視カメラの位置

 

トランクルーム内に預ける物のプライバシーを守るため、おそらく問題ないとは思います。

念の為、トランクルーム内が監視カメラに写らないかどうか、カメラの位置や角度をチェックしておくと、より一層安心です。

モニターがある場合は、こちらも合わせてチェックするといいでしょう。

 

 

・建物の電気のオン・オフ

私の契約しているトランクルームは、人感センサーで電気が付き、長時間誰も通らなければ消えます。

通常の利用であれば支障は感じませんが、着替えともなるとまっ最中に電気が消えてしまうことも…。

建物の照明が消えた場合の対応を、前もって決めておくのがオススメです。

スマホを定位置に置く、クローゼットライトを設置する、などの対処方法があります。

 

トランクルームは、物件によっては天井がメッシュになっているので、ハンガーをそのままかけられたり、壁に磁石でフックをつけられたりなど、衣類収納するには絶好の環境です。

狭くても工夫をすれば、衣類収納スペースとしてだけでなく、自分だけの着替えスポットとしても活用できます。

家族に秘密がある方に、トランクルームをオススメしない理由はありません。

 

 

 

【ハビットマガジンからのお知らせ】
トランクルームを活用すればあなたのお家が広くなる!
トランクルーム・コンテナをお探しなら弊社の物件検索サイト「habit(ハビット)」へ

現在キャンペーン実施中です。

レンタルコンテナ「ハローコンテナ蕨・戸田」賃料3ヶ月分→0円
レンタルコンテナ「ハローコンテナ川口新堀町」賃料2ヶ月分と鍵代3,300円 →0円
レンタル物置「トランクデイズ物置」賃料2ヶ月分と鍵代3,300円 →0円
室内型トランクルーム「トランクデイズ」初回2ヵ月分の賃料→0円
友人紹介キャンペーン初回2ヶ月分の賃料→0円
WEB申込み初月賃料&事務手数料1500円→0円
※キャンペーンの併用はできません

詳しくは レンタルトランクルーム・コンテナ物件検索サイト
habit(ハビット)をご覧ください。