私は都内に住んでいるのですが、引っ越すたびに都内の中心部に近づき、今ではほぼ中心部に住んでいます。

年々家賃は上がるものの、それに見合う収納は確保出来ず……。

置ける荷物も限界に近づいたある日、リスクヘッジの意味も込めて、荷物の一部をトランクルームに移すことを決めました。

結果、今では広々と部屋を活用でき、もう一つの「部屋」であるトランクルームを行き来する毎日です。

 

そんなある日、「トランクルームって投資案件としてはどうなのかな?」と思ったのです。

投資家という職業柄、関わったサービスに対して、「投資できるかどうか」を考えてしまう私。

今回はトランクルームが投資に適しているのか解説していこうと思います。

 

 

トランクルーム投資とは?

トランクルーム

 

○そもそもトランクルームって何?

「トランクルーム」は「普段使わない荷物や道具、趣味の品物などを預けることが出来る貸しスペース」のこと。

大都市ではだいぶ浸透してきたサービスですが、地方ではまだまだ馴染みのないものだと思います。

 

「自宅の倉庫でもよくない?」と思われた方もいると思いますが、トランクルームは空調管理が徹底されていたり(会社によって異なる)、セキュリティが万全、なおかつ荷物の出し入れも自由です。

そのため安心安全に荷物を預けることができ、利便的と言えます。

 

 

○トランクルーム投資にかかる初期費用は?

トランクルームは大きくわけると「屋外コンテナタイプ」、「屋内トランクタイプ」に分類されます。

初期投資で比較すると、屋外型だと500〜1000万円ほど、屋内型だと300〜800万円ほどと言われています。

初期費用で比較すると、最も近い投資対象は、ワンルームマンション投資が近いのではないでしょうか。

 

 

○リターンはどのくらい?

「利回りは20%超です!」、「必ず儲かります!」など、投資あるあるのような謳い文句を耳にしますが、実際に土地や諸経費や税金等を加味すると、個人的にはおおよそ15%が目安であると見積もっています。

もちろん想定利回りによって変動しますので、この数字を鵜呑みにはしないでくださいね。

 

 

○経営(運営)する方法は?

・事業用定期借地方式

自身の土地をトランクルーム業者へ貸し出して、一定の収入をもらう

(ただし、トランクルームの盛況ぶりには収入は連動しない)。

 

・業務委託方式

これは建物や設備などの建設や、経営全般はご自身で行われ、細かな業務を業者に委託する方法。

これであればもちろん収入は入りますが、管理会社に一定の金額を支払うことになります。

 

・リースバック方式

不動産投資でも一時期話題になりましたよね。その方法と同様の方式です。

リースバック=一括借り上げとも言いますが、運営会社に貸し出すことで、それに見合った金額を支払ってくれるシステムです。

 

・個人運営

これは字のごとく全てを自分で管理・運営していくスタイルです。

手間と時間はかかりますが、成功すれば収入もそのまま入ってきます。

 

 

トランクルームは安心の投資案件か?

投資

 

○トランクルーム投資のメリット

・初期費用が安く利回りも高い!

・経営管理コストが安い

・市場規模が拡大中!

 

○トランクルーム投資のデメリット

・立地が重要

・空室リスク

・ニッチなビジネス

 

 

このようなリスク・リターンが存在する事をお忘れなく。

基本的には、不動産投資と似たり寄ったりのリスクリターンだとは思いますが、まだ発展途上のビジネスなので、先行逃げ切りであれば単純な不動産投資より向いているかもしれません。

 

しかし“安心”という面でお話しすると、一概に良いとは言えません。

トランクルーム内の空調管理や、立地の良し悪し、税金対策など、多くのことを鑑みて判断しなければいけませんので、手間や安心度合いは、まだまだといえるでしょう。

 

 

結局のところ投資として向いているの?

 

ここまでは、トランクルーム投資に対する基本的情報について触れてきました。

しかしここから「様々なものに投資案件に投資をしてきた私」が思う、「トランクルームが投資に適しているのか?」という投資家目線でのお話になります。

あくまで主観の意見になりますが、ご参考ください。

 

 

○投資家が思うトランクルーム投資は?

まず先に結論から話しますと、私はトランクルーム投資には積極的姿勢にはなれません。

理由としては、大きく2点あります。

 

・トランクルームはあくまで嗜好品としての意味合いが強い!

・果たして投資案件と言えるほどトランクルームが必要なのか?

 

私は投資を決める際に、「その投資の重要性」を考えるようにしています。

例えばマンションであれば、「この立地で、この値段なら誰か住んでくれるかな」、「最悪、自分の住む場所がなくなったらここに住もう」など、リスクヘッジの観点からも投資に向かう気持ちになります。

 

ではトランクルームはどうでしょうか。

確かに市場規模は拡大しているので、投資案件としては魅力的です。

またニーズの先取りや、先見の明があれば純粋な不動産投資よりはリターンは多く得られるのかもしれません。

 

ただ焦りは禁物です。

私の個人的見解ですと、投資は素人の方がむやみにはじめて勝てるものでもありませんし、成功者がテレビなどで自慢をしていますが、いずれもビギナーズラックの要素が強いのかなと思ってしまいます。

投資案件として有望かもしれませんが、あくまでご自身の意思で始められる事をおすすめします。

 

 

○トランクルームとの向き合い方は?

私はこれまで通り、トランクルームを使う側でいようと思います(もちろん静観目線も含めて)。

トランクルームは、家に入りきらない荷物分の保管場所や、趣味のものを置く部屋など使う人によって千差万別です。

トランクルームは、投資案件というよりは、人々の生活の補填要素が強いため、「なくてはならないもの」というよりは、「なくても困らないもの」と位置付けられます。

 

 

まとめ

今回はトランクルームを投資の観点から説明させていただきました。

筆者としては静観姿勢を保ちつつ、投資としては前向きではないスタンスです。

もちろん、逆の立場の方もいらっしゃいます。

 

ここでどちらが正解と決めつけるつもりもありませんし、投資に仕向けるつもりもありません。

みなさんがこれを読まれた時にどう判断されるかは自由ですし、この内容を踏み台にしてご自身の投資に対する考え方を飛躍していただければ嬉しい限りです。

 

 

【お知らせ】
高品質&格安なトランクルームあります!

創業25年の株式会社イコムでは、埼玉・東京エリアで約3,800室ものトランクルーム(屋外コンテナ含む)を運営しています。

好立地、高セキュリティー、無料駐車場つき、24時間出し入れ自由等。

料金や空き状況はもちろん「実際どのくらい荷物が入るの?」「もっとお得に借りる方法はないの?」等、お客様おひとりおひとりの暮らしに寄り添い、親身にお答えします。
収納にお困りの方は、お気軽にご相談くださいませ。

お問い合わせはこちらから

 

Facebookアカウント:フォローしていただくと最新の記事をお知らせします

Twitter:イコムの中の人が個人的に気になる情報を発信します