2009年秋に、借家の引っ越しを行いました。

多くの荷物を運んでもらったため引っ越しは2日間にわたり、代金は高額(26万円!)になりました。

 

一方で2018年の現在、トランクルームの認知度は上がり、トランクルームに預けて引っ越し代金を節約する方法も検討できると思います。

この記事では、もしトランクルームを利用していたらどれだけ引っ越し料金が安くなったか、という点について考えてみました。

 

私が経験した、高額な家族の引っ越し

配送

 

引っ越し前の借家は3DKで、一家4人で17年間住んでいました。

ただでさえ17年間の生活で荷物がたまる上に、私はなかなか断捨離ができない性格。

「使えそうだから、とりあえず取っておく」そんな生活を続けた結果、自宅には物があふれかえることになりました。

 

それまで何度か引っ越す話は家族間で持ち上がってはいましたが、実際に引っ越しを決めたのは2009年8月下旬。

引っ越し先は4kmほど先の市内で、10月初旬頃までに引っ越す必要がありました。

 

インターネットで引っ越し業者を調べて、複数の会社に見積もり依頼をしたところ、A社は32万円、B社は26万円でした。

高い!!!!!

どうやら荷物量が多いことと、作業日数が土日に2日間必要ということが原因のようです。

 

 

A社は、事前にダンボールを120箱送るとのこと。

え?うちにそんな場所ないんだけど……!

一方でB社は当日持参するということと、金額が安かったこと、大手企業の子会社という信用もあり、B社に引っ越しを依頼しました。

 

実際の引っ越しは10月初旬の土日。

2日間に渡り、4~5人で作業をして頂いたので、かなり大がかりな引越しになりました。

 

引っ越し先でダンボールの山を数えたところ、やはり120箱ほどあったと思います。

部屋の1つは、ダンボール箱でいっぱいになってしまいました。

 

 

もし、トランクルームを利用していたら引っ越しはどうなった?

トランクルームの中

 

当時の引っ越しで、もしトランクルームを利用していたら引っ越し代はどう変わったのでしょうか。

ダンボールの数を減らすと、当日に運ぶ荷物の量やダンボール箱の数が減りますから、引っ越し費用は下がります。

引っ越し比較サイトを見ると、50箱減らすと3万円から6万円程度金額が下がるようです。

でもこの程度なら、トランクルームを契約する手間もかかるし、わざわざ手間をかけてトランクルームに移動しなくてもよいと思うかもしれません。

 

そもそも引っ越し代がかなりの高額になった理由は、引っ越しが2日間になったということも大きな理由と考えています。

1日が2日になれば、人件費は2倍になります。

 

そこで、ダンボールの個数を70箱にして引っ越し比較サイトで試算したところ、引っ越し金額はおおむね14万円程度になりました。

引っ越しを1日で行うことで10万円以上減らすことができれば、トランクルームを利用するメリットは十分にあると思います。

 

 

賢く引っ越しするには、トランクルームの利用がおすすめ

引越しとお金

 

費用をおさえて賢く引っ越しするには、トランクルームの利用がおすすめです。

トランクルームは、土日でも夜間でも、都合のよいときに利用できて便利です。

忙しいときでも合間をぬって荷物をまとめ、持ち込むことができます。

またダンボールに入れなくても、とにかく持って行けばよいですから気楽です。

 

トランクルームを使うもう1つのメリットは、「今すぐ捨てる」という判断をしなくて良いところと思っています。

「もしかしたら使うかも」という物の場合、すぐに捨てるという判断をするには勇気がいるものでしょう。

トランクルームを利用することで、「しばらく使わないものは預ける」という選択ができるようになります。

これにより、しばらく使わないものは迷わずトランクルームに移動できますから、整理しやすくなります。

 

なによりも「迷ったら、とりあえずトランクルームに移動」ができることが嬉しいですね。

トランクルームを選ぶときは、なるべく近くの施設を利用すると、移動時間もかからず便利です。

屋外型の施設を選ぶとコストも節約できますが、大切な物を預ける場合は屋内型施設を利用すると安心できます。

 

できれば引っ越し業者の見積もりを取る前に、当面使わない荷物はトランクルームに預けておくとよいでしょう。

あらかじめ移動しておけば荷物の減った状態で見積をしてもらえますから、見積金額が下がることが期待できます。

 

トランクルームに預けた荷物は、後日ゆっくり新居へ移動

部屋

 

引っ越しにトランクルームを利用することには、もう1つの大きなメリットがあります。

それは、引っ越し後早々に荷物整理をする手間が軽減されることです。

 

引っ越し直後は、部屋が荷物であふれかえっています。

特に引っ越し当日の荷物量が多い場合は、必要な物を探すことも一苦労となるでしょう。

 

一方で当たり前のことですが、トランクルームの荷物は引っ越しの対象ではありません。

引っ越しする前も引っ越し後も、同じ場所にそのまま荷物を置いておけるということになります。

そのため、引っ越し後もあわてて荷物を取りに行かなくてよいのです。

これは引っ越し直後の忙しいときには、とても大きなメリットとなります。

 

もしトランクルームにしばらく使わない荷物を預けておけば、「引っ越し後すぐに荷物を取りに行かなくてよい」というメリットを得られます。

引っ越し業者に運んでもらった荷物は引っ越し先ですぐに使う物が中心になり、箱の数も減るでしょう。

 

このようにトランクルームを利用すると、新居が引っ越しの荷物であふれかえらないメリットがあります。

またトランクルームは1ヶ月単位の契約が多いですから、契約している限り荷物をそのまま預けておくことができます。

自宅の整理ができたら、トランクルームに預けた荷物を少しずつ自宅に持ち込めばよいのですから、自分のペースで荷物整理ができることもメリットです。

 

すべての荷物が片付く見込みが立ったら、トランクルーム業者に連絡して解約すれば、利用した期間分だけの料金で済みます。

 

 

まとめ

引っ越しするならトランクルームを利用することで、賢く引っ越しを行えます。

しばらく使わない荷物をトランクルームに保管しておくことで、当日に運ぶべき荷物量が減ります。

このため無駄を省けますから引っ越し費用だけでなく、引っ越しにかかる時間や手間を減らすことができます。

特に荷物の量を減らした結果、1日で引っ越しを終えられる場合もあることは大きなメリットとなり得るでしょう。

 

引っ越しが決まったら、当日よりかなり前から荷造りなどを始めることになります。

次の引っ越しにはトランクルームを利用して、賢く費用を抑えたいと思います。

 

 

 

参考

引越し侍:https://hikkoshizamurai.jp/

価格.com「家族の引越しレポート」:http://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/reportsearch/family/?movingtype=5&season=8

 

 

 

Facebookアカウント:フォローしていただくと最新の記事をお知らせします

Twitter:イコムの中の人が個人的に気になる情報を発信します