長男の小学校入学を機に、学校で使うものは1ヶ所にまとめて自分で管理してもらうことにしました。

そこで購入したのがニトリのカラーボックス。

 

サイズが豊富でカラーも3種類から選べるニトリのカラーボックス、1番高さのある174cmのものを選びました。

教科書が増えたり、学用品が増えたりすることが考えられる小学生。

我が子の学用品収納方法をご紹介します。

 

 

ニトリのカラーボックスを選んだ理由はサイズと手頃感

子どもの学用品収納に、ニトリのカラーボックスを選んだ理由をご紹介します。

 

サイズ展開が豊富なニトリのカラーボックス

ニトリのカラーボックス「COLOBOカラボ」を子ども用収納に選んだ理由は、サイズが豊富だったことです。

 

2段(高さ53cm)・3段(88cm)・4段(117cm)・5段(144cm)6段(174cm) から選ぶことができ、幅も 42cmのノーマルサイズ・22cmのスリム・61cmのワイドの3種類。

「高さはだいたい3段で、サイズはワンサイズ」というカラーボックスのイメージを覆す、豊富なサイズ展開。

 

ニトリのカラーボックス

 

我が家では今後、学用品がどんどん増えることを想定し、ノーマルサイズの6段をチョイスしました。

学年が上がれば教科書は増え、絵の具セット・習字セットなども必要になります。

収納は大きいに越したことはないと考えたからです。

 

 

手頃な値段で、子どもが雑に使ってもストレスなし

「お値段以上」とうたっているだけあり、選んだ6段のカラーボックスのお値段、なんと3,000円以下でした。

子ども自身が使うので、雑に使用されることは想定済み。

物をぶつけて傷つけるなど、丁寧な収納は期待できません。

 

値段が高い収納棚だと、「高かったのに!」「せっかくだから綺麗に使ってよ!」と思ってしまうでしょうが、値段が手頃なので雑に使われて傷がついても気になりません。

子どもが勝手にシールを貼ることもありますが、「まあいいか」という大らかな気持ちでいられます。

 

 

3つのカラーから子どもの好みでチョイス

ニトリのカラーボックス「COLOBOカラボ」は、3種類のカラー展開。

具体的にはホワイト・ダークブラウン・ナチュラル。

部屋の雰囲気や好みで選べるなんて、嬉しいですよね。

 

今回は使用する本人に選んでもらい、ダークブラウンをチョイス。

勉強机も同系色を選んだので、統一感が出ました。

 

自分の好みで選んだカラーボックスを、とても気に入っているようです!

 

 

 

子どもがカラーボックスを使うとこうなる!

実際、子どもがカラーボックスを使ったの場合のリアルをご紹介します。

 

教科書サイズに棚板を移動

「COLOBOカラボ」では、中心の棚がネジ止めで動かせない以外、他の棚は自由に動かせます。

かなり細かく区切られているので、自由度が高いんです。

 

高さが変えられることはかなり重要で、大きい本やアルバムにも対応できます。

実は、教科書って小さなサイズから大きなサイズまで、なぜか大きさが揃っていないんですよね。

 

カラーボックス6段すべてを同じ高さで揃えると、背の高い教科書が真っ直ぐに入りませんでした。

1段は教科書に合わせて、広めの棚にすることに。

 

カラボの棚の調整

 

デメリットは、当然、広くとった棚がある一方で低い棚ができてしまうことです。

低い棚は、今のところCDのような低くても入る物を入れています。今後の課題ですね。

 

 

まだまだ収納が難しい子どもには追加板を

子どもに収納を任せると、もったいない使い方をしがちです。

 

もったいない棚のあまったスペース

 

棚の下には物があるのに対して、上部は余ってしまうのです。

そんなときおすすめなのが、追加板を利用。

ニトリの「COLOBOカラボ」は、別途必要な分を後から棚を追加できるんです。

6段が、7段・8段にも増やせます。

 

追加板の使い道は他にもあります。

もし現状の棚が壊れてしまっても、カラーボックスを買い直すことなく棚だけ購入可能。

コスト的にもとっても助かります。

 

 

子どもに「自分の場所」を作る

以前までは他の兄弟と共有のおもちゃ箱しかなかったのですが、今は大切なものや残したいものをカラーボックスに片付けるようになりました。

反面、まだまだ管理ができないので、どんどんものが増えていきます。

 

今回買ったニトリの「COLOBOカラボ」は、子どもにとって初めての「自分だけの収納」。

大切な物を全部カラーボックスに移動してしまい、一瞬でカラーボックスがいっぱいになってしまい慌てました。

 

大切で捨てたくないものばかりの年齢なので、必要なもの・不必要なものの分別ができません。

今後の課題でもあり、改善できるように一緒に考えていきたいと思っています。

 

一方で、「学校で必要なものはカラーボックスに置く」と決めているため、行方不明になることは滅多にありません。

学用品の住所はカラーボックスなので、管理がとっても楽!

部屋中に教科書が点在することもありませんよ。

 

 

 

子どもが自分で片付けできるニトリのアイデア

カラーボックス収納を子どもに任せたとしても、まだまだ管理は雑です。

ニトリのグッズを使って、子どもでも使いやすくするアイデアをご紹介します。

 

 

インボックスで目隠し

教科書などの本以外、ものが乱雑しているのが現状です。

口うるさくきれいに収納するように言っても、小学校低学年ではまだ難しいようです。

そこでニトリのインボックスを利用して、外からは見えないよう目隠しすることにしました。

 

インボックスにすべて収納

 

中には、学校で作った工作や、手提げ袋、プライベートで使っている帽子などが乱雑に入っています。

細かいものは重ねて入れると雪崩を起こしてしまいますが、インボックスを使えば目隠し+雪崩防止につながります。

 

収納力も、カラーボックスに直接入れていたときより、インボックスを使ったほうがたくさん入ります。

今まで2段使っていたのが1段で済み、1段空いたことで子どもと一緒に大喜びでした。

 

 

文具などの細かいものはポスデコで

鉛筆や消しゴムなど、家にストックしておきたい細かい文房具がたくさんあります。

必要不可欠なものですが、そのまま収納しておくには少し小さめですよね。

 

特に子どもに管理を任せていると、1ダースの鉛筆の上にプリントや本を置くことはしょっちゅう。

小さな文房具は行方不明になりがちなんです。

そこで活用できるのが、カラーボックス用の引き出しとして販売されている「ポスデコ」です。

 

ポスデコ

 

ニトリの「ポスデコ」は4サイズ、(A5)タイプ浅型2段・(A5)タイプ浅型3段・レギュラータイプ深型2段・レギュラータイプ3個引き、の4つです。

 

写真のタイプは、上段が(A5)タイプ浅型3段を2つ並べて使用・下段がレギュラータイプ3個引きです。

 

収納したいものによってタイプを選べるのはとっても助かります。

消しゴムや鉛筆なら、浅型のタイプがおすすめ。プリント類ならレギュラータイプがおすすめです。

 

 

学用品の片付けは思い切って子どもに任せる

学用品収納として導入したニトリのカラーボックス、思い切って片付けは子どもにお任せしています。

とはいえ、最初に全部任せた結果あまりに乱雑すぎたので、「インボックス」と「ポスデコ」を追加して、少し収納のお手伝いをしました。

 

子ども自身で管理してもらうことで、学校の準備はほぼ自分でできるようになり、リビングにものを放置する回数も減ってきています。

 

まずは学用品の片付けと管理から、ぜひお試しください。

 

 

 

【お知らせ】
それでも片付かない収納問題、トランクルームで解決しませんか?

【記事】収納上手への近道~片づけられないあなたへ~

家の収納が少ない……。
家族が増えて、一気に荷物が増えた……。
引越しの期間だけ、どこかに家財道具を保管したい……。

創業25年の株式会社イコムでは、埼玉や東京エリアで約3800室もの優良トランクルーム(屋外コンテナ含む)を運営しています。

料金や空き状況はもちろん、「実際どのくらい荷物が入るの?」「もっとお得に借りる方法はないの?」等、お客様のニーズにとことん寄り添います。

<トランクルームについてもっと詳しく知りたい方へ>
トランクルーム紹介サイトhabitをみてみる

 

 

★Twitter:habit magazine:編集部員の主婦二名、粛々と活動中

★Facebookアカウント:フォローしていただくと最新の記事をお知らせします