洗剤やシャンプーの詰替えって、地味に嫌な仕事ですよね。

種類によっては出が悪く、詰め替えに時間がかかったり、途中でこぼれるなどのアクシデントがあったり。

 

そんなとき出会ったのが、キャンドゥのシャンプー詰替えボトル!

キャンドゥの詰替えボトルのすごいところは、詰替え用の袋をそのままボトルに入れて使えるところ。

つまり、袋ごと交換すればいいだけなんです。

とってもおすすめの詰替えボトル、詳しくご紹介します。

 

 

 

詰替えのタイミングでボトルを洗いたいのに……

底のほうにちょっとだけ残っているシャンプーやリンス、たいていの方はそのまま継ぎ足し方式で詰替えていらっしゃるはず。

 

でも私は衛生面が気になるので、毎回洗いたいタイプ。

しかし既存のボトルは間口が狭いものがほとんどで、中まで手やスポンジを入れて洗うことができません。

 

水洗いしかできず、いつまでもずっと泡が出るので、洗い終わりがわからず、ようやく終わってもまた乾くまでに2~3日を要すという……。

きー!!!ほかにも家事はまだまだあるのに、そんなに待てませんよー!

そんな主婦の心の叫びに万事こたえてくれたのが、キャンドゥのシャンプー詰替えボトルたったんです。

 

 

 

キャンドゥの詰替えボトルは使いやすさがワンランク上!

キャン★ドゥ詰め替えボトル

 

左がキャンドゥで購入した詰替えボトル、右がキャンドゥのボトルに出会う前に購入した100均の詰替えボトル。

比較のため、ペットボトルも一緒に並べました。

 

詰め替えボトルアップ

 

見てわかるように、キャンドゥの詰替えボトルは大きいんです。

だから場所を取る、というところが難点ではあるのですが、使い勝手の良さは保証します!

なんと、詰替え用のシャンプー類がそのまま容器に入るんです。

 

もし製品の切り口が小さい場合は、ハサミでもう少し入り口を大きめに切るとやりやすいですよ。

切り口にパイプ部分を差し込んでフタを閉めれば、はい終了!

詰め替え作業は終了です。

 

詰め替え方

 

既成のボトルの場合、詰め替えている間、ずっと袋を逆さまに持っていなければならないので、時間がかかります。

ドロッとした液体だとさらにボトルに入りにくく、ずれて中身がこぼれてしまったり……。

でもキャンドゥのシャンプーボトルなら、超時短で、もちろん中身がこぼれることもありません。

 

 

さらに、キャンドゥの詰替えボトルは、洗いやすいのも特徴。

ボトルに直接シャンプー類を入れているわけではありませんが、それでもやっぱりシャンプーがこぼれていたり、水が入り込んでいたりとボトルの中が汚れることも。

そんなときは一度洗いましょう。

 

詰め替えボトルの構造

 

フタが取れるので、スポンジを使って洗うことができます。

ノズルのスプリングの部分は取り外せず、水洗いのみになるので入念に洗います。

外せる部分が多いので水切れも良好で、清潔に保つことができます。

 

 

 

くすみカラーがおしゃれ。お揃いボトルで統一感を

色違いでそろえた詰め替えボトル

 

色は、白・青・ピンクの3種類。

最近店頭でピンクが見当たらないので、もう展開していないのかも?しれません。

 

ちなみに我が家では、白→ボディーソープ、ピンク→シャンプー、青→コンディショナーが入っています。

色別にしているから、まだひらがなが読めない幼稚園児でも見分けがつきます。

ボトルはとてもシンプルで、絶妙な「くすみカラー」がポイントです。

 

そして、使い心地にびっくりなんです!

使い残しがない!!!!

袋がへこんで中身を吸い上げてくれるので、使い残しがほとんどないんです。

 

シャンプーやリンスって、最後までポンプ式で使い切るのは難しいですよね。

どうしても底に残ってしまうので、あとは逆さまにして垂れてくるのを待つか、水を入れて薄めるか。

 

でもキャンドゥの詰替えボトルに変えてからは、そんな悩みは無くなったんです。

ストレスフリーで、節約にもつながる詰替えボトル、ぜひ試してほしいと思います!

 

 

【お知らせ】
収納のお悩み、トランクルームで解決しませんか?

家の収納が少ない……。
家族が増えて、一気に荷物が増えた……。
引越しの期間だけ、どこかに家財道具を保管したい……。

創業25年の株式会社イコムでは、埼玉や東京エリアで約3800室もの優良トランクルーム(屋外コンテナ含む)を運営しています。

料金や空き状況はもちろん、「実際どのくらい荷物が入るの?」「もっとお得に借りる方法はないの?」等、お客様のニーズにとことん寄り添います。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

 

 

Twitter:habit magazine:編集部員の三姉妹、地道に活動中(一緒にやりましょう!)

Facebookアカウント:フォローしていただくと最新の記事をお知らせします