本日は、我が家で大活躍している「ホームセンターで見つけた収納グッズ」をご紹介します。

お部屋のなかを整理整頓する収納グッズは、小さいものなら100円ショップや街の雑貨屋さん、大きなものなら家具屋さんやデパート、大手インテリアショップなどで購入することが多いのではないでしょうか? 

 

実店舗で理想的なものがなければ、通販サイトで注文することもありますよね。

わたし自身、いつもはインテリアショップや通販で家具や収納グッズを購入していました。 

 

しかし!我が家の近所には、スーパー併設型のホームセンターがあるのです。

ホームセンターといえば、工具などのDIY用品や、園芸用品、ペット用品などを取り扱っているイメージがありますよね。

このホームセンターに並ぶ品数豊富な商品のなかには、便利な収納グッズも多数あるんです 

 

 

本収納に便利な『薄型カラーボックス』はホームセンターで

皆さま、収納の定番グッズといえば「カラーボックス」を思い浮かべませんか?

お手頃価格で、カラーデザインも複数あり、縦置きや横置きなど多様に使える便利な収納棚ですよね。

 

カラーボックス

 

このカラーボックス、一般的なサイズは奥行きが29cmであることがほとんどなんです。

わたしは読書がだいすきなので、本を上手に収納したいと考えていました。

しかし、奥行き29cmのカラーボックスは本の収納にはどうも中途半端。

実際に収納すると余白が生まれてしまい、約30cmの奥行きの棚を置くと部屋を圧迫してしまいそうで……。

そんなときに見つけたのが、ホームセンターの小さな家具売り場スペースにあった『薄型カラーボックス』!

 

使ってみた感じは、こちら。とても上手に本を収納できているでしょ?

 

本の収納

 

この薄型カラーボックスは、奥行きがなんと約16cm。

文庫本1冊の幅が約10.5cmなので、余分なスペースが少なく上手に収納することができるのです。

さらに、大きなハードカバーの本は約14cmなので、このカラーボックスの幅にぴったりハマります!

 

文庫本収納

単行本収納

 

そして、もう一つ購入したあとに気づいた薄型カラーボックスの副産物があります。

それは、CDケースもぴったり収まるサイズというところ。

 

CD

 

 

薄型のカラボなら部屋を圧迫せずにスッキリ置ける

ホームセンターで見つけた「薄型カラーボックス」のおかげで、本やCDをすっきり収納することができました。

お値段は、薄らぼんやりした記憶ですが、たしか1つ1000円以下だったと思います。

とてもお手頃だったので、わたしは4つ購入しました。

 

この薄型カラーボックスのおかげで、部屋の空きスペースを有効活用しながら、圧迫感なくスッキリと部屋の整理ができています。

どうですか、この感じ!スッキリしてるでしょ?

 

薄型カラーボックス

 

わたしの家には、なぞに幅の広い廊下のようなスペースがあり、物を置くと圧迫感が生まれるので、ずっとそのスペースの活かし方に悩んでいたんです。

ホームセンターにいくまで「薄型カラーボックス」の存在すら知らなかったので、偶然出会えてとてもラッキーでした。

 

 

小物の収納にはホームセンターで見つけた収納ボックスが活躍

さて、もう一つ同じホームセンターで見つけた収納グッズがあります。

それは、このテレビ台の下の茶色い収納ボックス。

 

TV台のカラーボックス

 

あまりにテレビ台と馴染みすぎて、ちょっと存在感薄いですね。

そのくらい、部屋のなかに自然に溶け込んでくれる収納ボックスも、近所のホームセンターで購入しました。

 

アロマグッズ

(無印良品で購入したアロマキャンドルやお香が入っています)

 

もうひとつの中身はこちら。

 

メイク道具

(毎日使うメイク道具一式が入っています)

 

2つめはフタ付きなので、中身が見えず部屋のなかに置いていても雑多な感じが表にでません。

さらに、ホコリが溜まるのも防げて、お化粧品収納にはバッチリです!

 

これらの収納ボックスは、しっかりとしたワイヤーで組み立てられており、形が崩れることなく非常に丈夫です。

使いはじめて2年以上経ちますが、経年を感じる要素はまったくありません。

 

デザイン的にもシックで、部屋によく馴染んでいます。

ホームセンターの売り場では、ちょっぴりダサく(?)見えたのですが、実際めちゃくちゃ使いやすくて良い買い物だったと思っています。

 

 

園芸用品やペット用品、工具などを取り扱うホームセンター。

品揃えはとても豊富で、生活雑貨や収納家具に至るまで、暮らしにまつわるあらゆる商品を取り揃えています。

部屋をすっきりさせるための優秀アイテムを、ぜひ探してみてください。

 

 

Twitter:habit magazine:編集部員の三姉妹、地道に活動中(一緒にやりましょう!)

Facebookアカウント:フォローしていただくと最新の記事をお知らせします