私は現在、シェアハウスに入居しています。

新しい趣味を始めるうえで困ってしまったのが、趣味の道具を収納するスペースが足りないこと。

シェアハウスなので家具をうかつに増やすこともできず、困ったときに見つけたのがトランクルームでした。

 

トランクルームというと普段目が届かない場所ですので、防犯対策が気になるところです。

中には盗難被害もあると聞きます。

大切な荷物を保管するのに、少し不安を感じますよね。

トランクルームを扱う業者が増えてきた中、実際にどのようにして安全な業者を選ぶべきか調べてみました。

 

 

トランクルームの種類によって盗難の危険性が異なる

(C)icom

 

まずわかったことは、トランクルームと一言で言っても、その種類は様々なものがあるということ。

そして、種類によって盗難の危険性も異なるということです。

 

屋内型トランクルームは比較的安心

屋内型トランクルームとは、一見アパートやビルの外見に近い建物で、各部屋が倉庫となっている仕様のトランクルームのことをいいます。

中には入り口が外から見えない分、比較的安全に使うことができます。

 

屋外コンテナ、宅配・倉庫型トランクルーム、バイクコンテナは注意が必要

対して、屋外型のトランクルームは駐車場のような敷地にコンテナが設置されているタイプのトランクルームです。

夜間には暗くなりますし、やや無防備であることから盗難リスクは高いといえるでしょう。

 

 

盗難被害のパターン紹介

 

実際に、トランクルームで発生してる盗難被害の一例をご紹介します。

 

トランクルームでの盗難被害例1:屋外コンテナで鍵を壊されて盗難

ひとつめは、屋外コンテナを利用していた場合の事例です。

施錠型のコンテナを利用していたところ、深夜に鍵を壊され、侵入されたケースがあるようです。

力づくで鍵を開けられてしまっては太刀打ちはできませんよね……。

 

トランクルームでの盗難被害例2:屋内トランクルームで不注意な鍵の管理により盗難

また、屋内のトランクルームにおいても絶対に安全とは言い切れません。

友人が借りていたトランクルームでは、同じ物件の利用者の方が被害にあったそうです。

そこは防犯設備自体は整っていたそうなのですが、盗難の原因となったのは鍵のかけ忘れ。

荷物の搬入時に鍵をかけずに放置し外出していた間に被害にあってしまったようで、後日管理会社から注意喚起がまわってきたそうです。

 

 

盗難被害に遭いやすいトランクルームの特徴

防犯カメラ

 

調べてみると、盗難被害にあいやすいトランクルームには共通する特徴がありました。

盗難が発生するトランクルームは、下の4つのうちのどれかに問題があるケースが多かったです。

 

警備体制

防犯対策

施錠

立地

 

警備体制:管理人や警備会社による巡回がないトランクルームは盗難被害に遭いやすい

まずひとつめは、警備体制です。

管理人や警備会社の見回りがなく、人の出入り頻度が少ないトランクルームは盗難被害に遭いやすいです。

特に、屋外のコンテナなどがそれにあたります。

 

防犯対策:監視カメラなどのセキュリティを設置していないトランクルームは盗難被害に遭いやすい

また、監視カメラなどの防犯対策が重要です。

特に管理人常駐でない物件の場合、防犯カメラが設置されていることで犯罪の抑止につながります。

 

施錠:鍵の施錠が簡易的なつくりをしているトランクルームは盗難被害に遭いやすい

そして、鍵の種類にも盗難被害にあいやすいものとそうでないものがあります。

合鍵作成が容易であったり、ブロックなどで壊れやすいタイプの鍵には注意しましょう。

 

立地:街頭や人通りが少ない場所にあるトランクルームは盗難被害に遭いやすいです

最後に、トランクルームの立地環境も重要な項目です。

盗難被害にあいやすいトランクルームは夜になると暗く、人通りの少ない地域であることが多いようです。

 

 

盗難被害に遭いにくい物件を選ぶ際のチェックポイント

(C)icom

 

では、実際にどのようにして安全なトランクルームを探せばいいのでしょうか。

下記の3つのステップに分けてご紹介します。

 

1)業者選び

2)内見選び

3)契約

 

 

1)業者選び:口コミや企業のWebサイトで信頼できるトランクルーム業者を選ぶ

まずは、業者選びです。

最寄りの地域で探し始めるかと思いますが、その際に運営会社が信頼できそうな会社かどうかをしっかりと見極めましょう。

インターネット上の情報だけでも、その会社の雰囲気を知ることができます。

 

・企業のホームページ

・口コミ検索

・TwitterなどのSNSでの口コミ検索

などがおすすめの方法です

 

2)内見:4つのチェックポイントを自分の目で確かめる

内見の際は、上でご紹介した「盗難被害にあいやすいトランクルームの特徴」に基づいて、以下の項目を実際に目で見て確かめましょう。

 

チェックポイント1:定期的な警備体制が整っているか

チェックポイント2:防犯カメラなどの対策が施されているか

チェックポイント3:施錠方式が頑丈か

チェックポイント4:立地や周辺環境は安全か

 

また、内見は管理会社と対面で会える良い機会ですので、担当者の対応も確認しておきましょう。

 

 

3)契約:盗難被害を最小限にするために保険や保証に入る

気に入った物件があれば契約に進むことになりますが、その際に保険制度の有無について確認をしましょう。

物件によっては管理会社が義務付けている場所もありますが、案内がなくとも任意で加入することができます。

特に高価な品物を預ける場合は、万が一のことを考えて保障に加入しておくことがおすすめです。

 

 

盗難被害に遭った場合の対応

ここまで「盗難被害にあわないための対策」についてご紹介してきました。

しかし、対策を万全にとったとしても万が一ということもあるかと思います。

もしも盗難被害にあってしまった際は、どのように対応すればよいのでしょうか。

 

次のようなステップで対応をしていきましょう。

  1. トランクルーム業者への連絡と警察への通報・届出を行う
  2. 盗難された荷物を確認し、トランクルーム業者と警察へ被害状況を伝える
  3. トランクルーム業者へ保険・保証申請を行う

 

基本的には、管理会社へ報告後は警察や関係者からの指示に従う形になります。

保険の契約内容によってどの程度の保証がされるかは場合によりますが、最悪の場合「金銭的な保険がおりても、盗難された物自体は戻ってこない」ことも想定されます。

ですので、代えの利かない思い出の品々というより、しばらく使わないものやかさばる荷物を収納するとよいでしょう。

 

 

まとめ:盗難対策をして、安全にトランクルームを使用しよう

トランクルームは残念ながら盗難被害にあってしまう可能性はありますが、対策をすることで十分に防げるということがわかりました。

 

インターネット上で調べ、信用できる業者を選ぶこと

内覧の際にチェックポイントを確認すること

万が一のことを考えて保険に入ること

盗難にあった際は警察や管理会社に速やかに届け出ること

 

 

 

 

Facebookアカウント:フォローしていただくと最新の記事をお知らせします

Twitter:イコムの中の人が個人的に気になる情報を発信します