布団の収納にお悩みの人は多いですよね。

私もその1人です。

 

寝室で使うものだから、寝室のウォークインクローゼットで保管していましたが、圧縮袋に入れて置いてあるだけ。

もっと使いやすく、キレイに整頓して収納したいとずっと考えていました。

 

そこで導入したのがIKEAのskubb(スクッブ)シリーズの収納ケース。

今回は優秀な布団収納ケース、IKEA・skubbを紹介します。

 

 

 

布団収納のお悩みは IKEAのskubbで解決

積み重なった布団

 

ただ置いておくしか方法がなかった布団収納。

そこで買ったIKEAの収納ケース・スクッブ。

これが便利過ぎたんです!

 

 

布団収納、そのままではかさばる

布団収納は、押入れかクローゼットが多いですよね。

布団は積み重ねて収納するしかなく、見栄えがあまり良くないし、ズレ落ちてくるのもよくある残念シーンだと思います。

特に夏場は、冬の毛布や掛け布団など、かさばる布団がクローゼットを圧迫することが悩みの種でした。

 

布団収納をキレイに、かつ取り出しやすくしたい!と収納方法を探していましたが、ようやく出会えたのがIKEAの収納ケース、skubbでした。

 

 

IKEAのskubbは自立するのでキレイに収納可能

IKEA skubbの最大の特徴は、ケース自体が自立するところ。

中身がいっぱいではない・少なめであってもケースの形が崩れないので、クローゼットなどに収納してもすっきり。

布団収納は、誰かに見せるわけではありませんが、自分がよく目にするところが整頓されていると気持ちも晴れやかになります。

 

スクッブ

 

ヨコ置きにして重ねることもできるし、タテ置きで並べてもOK。

クローゼットや押し入れのサイズによって置き方を変えられるので、収納方法の選択肢が多いのは嬉しいですよね。

 

縦置きしたスクッブ

 

 

自立式は収納時も安定するので楽々

IKEA・skubbの自立、予想以上に素晴らしい仕事をしてくれるんです。

 

以前使っていた布製の布団収納ケースは、ケース自体が柔らかく、大きな布団を1人でしまうのは一苦労でした。

布団を持つ人・ケースを広げる人、と2人で作業した方が早く終わるため、夫の休みの日まで待って作業していました。

 

夫のお休み=子どものお休みでもあるので、子どもが一緒にやりたがり逆に大変になってしまうんですよね。

できれば平日1人のときに済ませてしまいたいと思っていたので、skubbはそれが叶って大助かり。

skubbはしっかり自立していて1人での収納も楽々。

 

スクッブの中

 

 

 

圧縮袋を使って布団をよりコンパクトに収納

IKEAケースできれいな布団収納は叶ったけれど、できればケースの数は最小限にしたい!

圧縮袋を併用したアイデアを紹介します。

 

 

IKEA・skubbを使っても仕舞い切れない布団は圧縮袋を併用

IKEAのskubbを使えば布団をスッキリ収納できますが、布団が多いとその分skubbが増えてしまい、クローゼットを圧迫します。

 

そこで考えたのが、布団を圧縮袋で圧縮し、小さくなったものをskubbに収納するという二段階方法。

これにより、我が家5人家族のシーズンオフの冬の布団が、skubb3つに収納できそうです。

 

実際に、我が家のskubbの中見を紹介しますね。

もこもこ暖かシーツ(ダブル1枚・シングル2枚)、掛布団(ダブル1枚・シングル3枚)、毛布(シングル4枚)ひざ掛け5枚、予備の夏用シーツ。

こんなにたくさんの布団も、圧縮袋を併用して3つなので、狭いスペースにもおすすめです。

 

 

シーツ・掛け布団・種類でskubb内も仕分け

IKEAのskubbを使って布団をキレイに収納できましたが、取り出すときのことを考えて収納すると後々便利です!

 

ご家庭によって違いはあると思いますが、例えば我が家

寒さを感じて1番最初に出すのは毛布、次に暖かシーツ、次に掛布団。

 

1番最初に出すものを、1番上に入れて置くのがおすすめです。

圧縮袋もそれに合わせて、袋分けをしておきましょう。

skubb内でもわかりやすく仕分けしておくと、取り出すとき手間が省けます。

 

 

取っ手にネームタグを付けてわかりやすく

布団収納としてとても優秀なskubbですが、外から中身が見えないのが、個人的にネックだと感じています。

skubbは収納したとき取り出しやすいよう、取っ手がついています。

この取っ手を活用して、ネームタグを付けると便利です。

 

 

 

布団収納だけもったいない!skubbのアイデア活用術

今回、布団収納で使用したのは93x55x19 cmの1番大きなサイズ。

他にもサイズを展開しているので、使い分けてクローゼットや押入れを便利にしましょう!

 

 

skubbサイズの紹介。収納物によって使い分けよう

skubbは多くのサイズを展開しているIKEAの人気商品です。

 

今回布団収納で使ったのは93x55x19 cmの1番大きなサイズ。

他に、69x55x19 cmと44x55x19 cmの3サイズ。

枕などは小さいので、サイズの合ったskubbを選んで使いましょう!

 

skubbは使わないとき小さくたたむことができます。

 

小さく折りたたんだスクッブ

 

収納物が減ったら、skubbは小さくして保管できるんですよ!

 

 

新カラー登場で色別に使い分け

IKEAのskubbは、基本ホワイトとブラックで展開していますが、ときどき新しいカラーが出るので見逃せません。

以前あったライトブルーはなくなり、2019年5月現在はピンクとラインチェック柄を合わせた4種類。

シンプルで定番のホワイトとブラックが人気ですが、家族構成によってカラーを変えて使うとわかりやすいですよ。

 

 

サイズが違ってもカラーをそろえて統一感を出そう

サイズが豊富なskubb、やはりカラーをそろえておいた方が統一感は出ます。カラーが同じだとそれだけでおしゃれなので、そろえて使いたいですよね!

クローゼット内の収納をすべてskubbにすれば、まとまりが出ます。

 

例えばボックスタイプのskubbは、クローゼット上部の棚収納におすすめ。

マジックテープで吊るすタイプskubbは、帽子やベルトなどの小物収納に。

洋服カバーは、シーズンオフのコートなどをホコリから守ってくれます。

 

靴を収納するためのskubbは取っ手面が透明になっていて、開けなくても中見が確認できるケースです。

靴だけではなく、帽子や鞄などの収納にも活用できる汎用性の高さも魅力ですね。

 

 

 

【お知らせ】
収納のお悩み、トランクルームで解決しませんか?

家の収納が少ない……。
家族が増えて、一気に荷物が増えた……。
引越しの期間だけ、どこかに家財道具を保管したい……。

創業25年の株式会社イコムでは、埼玉や東京エリアで約3800室もの優良トランクルーム(屋外コンテナ含む)を運営しています。

料金や空き状況はもちろん、「実際どのくらい荷物が入るの?」「もっとお得に借りる方法はないの?」等、お客様のニーズにとことん寄り添います。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

 

 

 

Twitter:habit magazine:編集部員の主婦二名、粛々と活動中

Facebookアカウント:フォローしていただくと最新の記事をお知らせします