ワンルームや1Kのお部屋で、収納に困っている方はいませんか?

今回は、1Kルームで一人暮らしをするわたしの『お布団収納方法』について、ご紹介します!

 

肌寒くなってきたこの季節……。

あたたかいお布団でぬくぬくするのって、最高に幸せですよね。

しかし、冬用の掛け布団って収納に困りませんか!?

かさばるし、大きいし、冬しか使わないし……。

 

1Kの我が家には収納スペースがほとんどなく、実は、引っ越して1年間、掛け布団を買わず、タオルケットのみで生活してました(寒かった……)。

 

そんな娘を見かねた母が、お布団をプレゼントしたものの、わたしは「しまうところないんだけど!!」となぜかご立腹。お母さんごめんなさい。

 

でも今は、『圧縮袋』を活用して、こんな風に収納をしているんです!

 

 

布団はどこでしょう?そう、ここです!!

わたしのお部屋をご紹介します!

これがお気に入りのソファ。

ここでまったりくつろぐのが大好きです。

しかし実は、このソファにはある秘密が……

ソファ外観

 

パッカーーーーーーーーーーーーーン

ソファ座面収納

 

そうなのです!

座り心地が良いだけでなく、このソファ、座面収納つきなのです。

ただ、座面収納付きといっても、その収納スペースは限られたもの。

おおよそ70cm×70cmサイズで、深さも15cmほどしかありません。

 

このソファを購入してはじめのうちは、お裁縫道具や雑貨など細かなものを収納していました。

しかし、不覚にも母からのプレゼントによりお布団を手に入れてしまったわたし。

しまうとしたら、もうココしかない!と目をつけたのが、このソファ座面収納でした。

 

 

部屋の中に収納がなくても大丈夫!圧縮袋を活用しよう

ソファの座面収納といっても、その収納スペースの容量を考えたら、当然お布団(毛布&羽毛布団)が入るようなサイズではありません。

そこで、わたしがどのようにお布団を収納しているかというと、まさに『圧縮袋』を活用した方法なのです。

ソファの座面には、このような形状でお布団が入っていました。

 

圧縮された布団

 

【ソファ座面収納に入っているもの】

・羽毛布団+シーツ(写真では見えません)

・毛布

 

圧縮袋を活用すれば、狭い隙間でもお布団を収納することができます。

圧縮袋にはさまざまな種類がありますが、わたしが利用したのは掃除機で圧縮するタイプの圧縮袋です。

(手でくるくると絞って空気を抜くタイプの簡易的な圧縮袋もありますよね。)

 

わたしが利用した圧縮袋では、掃除機のノズルを外し、圧縮袋に付いている吸引口から空気を抜くしくみとなっています。

(写真の緑の丸部分に掃除機のノズルを当てます。)

 

圧縮袋の吸い込み口

 

しかーーーーーーーーーーし。

一人暮らしあるあるではないか?と思うのですが、わたしの家では、このようなスティックタイプの掃除機を使用しています。

コンパクトで価格も手頃なため、多くの一人暮らしの方が使っているのではないでしょうか?

 

掃除機

 

このスティックタイプの掃除機は、ノズルが通常の掃除機と違ってホース状になっていないんですよね。

だから、圧縮袋の空気吸引口にノズルの形が合わない!!!

 

せっかくの圧縮袋に搭載された便利な機能も、掃除機の種類によって活かせなくなってしまうのが現状です。

しかし、諦めることなかれ!スティックタイプ掃除機には、このように細かい部分を掃除する小ノズルが付いています。

 

soujiki

 

このノズルを利用すれば、圧縮袋のチャックの隙間から上手に空気を吸引することができます!

空気を抜くときは、布団の上に乗って体重をかけながら、押し潰すようにやるとうまくいきます。

吸う

 

掃除機の種類が違っても、しっかりと圧縮することができました!

とくに圧縮袋を上手に使うコツは、とにかく袋の上に乗って体重をかけながら空気を押し出すことです。

端からみたら小っ恥ずかしい姿かもしれませんが、とにかく掃除機で吸引をしながらノシノシと圧縮袋の上に乗って空気を抜いてみてください。

 

 

夏も冬も快適に過ごそう!羽毛布団も毛布もふわふわ

 

さて、圧縮袋に収納されたお布団たち。

これは、羽毛布団とシーツが一緒に圧縮された状態です。

(わたしは防虫剤も一緒に圧縮袋に入れています!)

 

 

うーーーーーーーーーーーん。

なんともペチャンコですよね。

この圧縮袋によってピッタピタになったお布団が、またふわふわにお布団に復活するのでしょうか!?

半信半疑で使ったわたしですが……

 

ふっくら1ふっくら2

 

毛布も羽毛布団も、どちらもふっかふかに復活です〜!

袋から出してすぐは、たしかにお布団がペシャ〜っとしていて『大丈夫か!?』と心配になってしまいますが、何度か空気を含ませるようにバタバタとはたくことで、段々とふわふわなお布団が蘇ってきます……!

 

圧縮袋、素晴らしい。

 

このボリュームあるサイズが、まさかソファの座面収納に入るなんて!?と思ってしまいますが、圧縮袋のお力を借りれば意外や意外、立派にお布団を収納できました。

これで、わたしは冬でもセーターやスウェットを厚着して寝る必要はなく、あたたかいお布団でぬくぬく眠ることができるようになりました。

 

 

まとめ:圧縮袋を考えてくださった方に感謝

ワンルームや1Kといった限られた部屋の中でも、工夫次第で上手に収納スペースを確保することができます!

わずかなソファ下収納も、圧縮袋を組み合わせることでかさばるお布団もぴったり収納でき、無限の収納スペースを開拓した気分です。

 

圧縮袋という便利なグッズを開発してくださった方に感謝の念が絶えません。

圧縮袋×ソファ座面収納のおかげで、冬も快適なお布団生活ができそうです!

 

 

 

Facebookアカウント:フォローしていただくと最新の記事をお知らせします

Twitter:イコムの中の人が個人的に気になる情報を発信します