多様化が進むトランクルーム業界でも、「スマートフォン」を活用したサービスが拡大中です。

スマートフォンを利用することで、いったいどのような機能が使えるようになったのでしょうか?

 

宅配型トランクルームや、場所貸し型トランクルームでも、それぞれでスマートフォンの役割が増えているようです。

今回は、トランクルームの最新スマホ事情について深堀りしていきます!

宅配型トランクルームなら、スマホでラクラク荷物の出し入れ

 

近年市場が拡大している「宅配型トランクルーム」では、スマートフォンを利用したインターネットサービスが普及しています。

専用サイトやアプリ画面を操作し、荷物の預け入れや引き出しも簡単に手続きすることができます。

スマートフォンを活用した、トランクルームの利用例をご紹介します!

 

<スマートフォンで宅配トランクルームを利用する流れ>

※一例であり、諸条件は各会社によって異なります

①専用サイトやアプリで預けたい荷物や個数を申請する

②専用BOXまたは宅配便にて、荷物を配送する

③荷物を引き出したいときは、専用サイトやアプリから申請する

④指定日に荷物が自宅へ届く

⑤再度預け入れ時も、集荷予約をスマホから申請(※集荷サービスのない会社もあります)

 

荷物の預け入れ手続きが、スマートフォンから操作できるのでわざわざ店頭に足を運んだり、取り出しに移動したりする手間もありません。

しかもスマホなら、ネット環境さえあれば時間や場所を問わずいつでも管理可能!

忙しいビジネスマンや育児中のママやパパにもうれしいサービスです。

 

写真で預け入れ一覧を管理!さらに不用品売買のオプションサービスも

スマホ操作

 

宅配型トランクルームを利用している場合、預け入れたものが保管されている状況を実際に自分の目で確認できないため、「なにを預けていたかな?」とわからなくなってしまう心配があります。

そんな不安を解消するために、多くの宅配型トランクルームでは、預け入れた荷物を「写真」で管理できるサービスを採用しています。

 

預け入れる荷物を自分で撮影し、専用サイトやアプリで一括管理できるサービスもあれば、配送した荷物を、トランクルームの専門スタッフが丁寧にひとつ一つ写真撮影してくれるサービスもあります。

写真は、専用サイトやアプリで一覧で管理することができ、取り出したい荷物をピンポイントで指定して取り出すことも可能です。

 

つねにスマホから「今なにを預けているか」が一括確認できるため、預けっぱなしで忘れていた!なんて不安も解消してくれます。

 

さらに、最近では預け入れた荷物が不要になった場合、買取査定をしてくれるサービスや、オークションに出品してくれるサービスなど、充実した追加オプションも普及しています。

「荷物を預け入れてたけど、もう使うことはないかも……」という事態が発生しても、わざわざ処分をする手間が省けるうえ、不用品をお金に換えることにもつながります!

スマホで写真管理できるからこそ、トランクルーム利用の幅が広がりますね。

 

場所貸し型トランクルームでも、スマホがキー代わりに!

トランクルームの写真です

 

宅配型だけでなく、場所を借りるタイプのトランクルームでもスマホが大活躍中です。

通常、スペースレンタル型のトランクルームでは、共用部に入る際やトランクルームを利用する際に、セキュリティ上「鍵」が必要となります。

鍵は、数字を入力するテンキーや、カードキー、または住宅でも使われているシリンダーキーや南京錠など、さまざまなタイプがあります。

 

しかし、近年では「スマートフォン」がレンタルルームの鍵代わりになるサービスが展開されています。

スマホに搭載された「おサイフケータイ」機能で、自分の持つスマートフォンをかざすだけで、レンタルスペースの解・施錠できるしくみです。

 

レンタルルームの鍵は、紛失をしてしまうと、『再発行費用』や『手数料』などが発生してしまいます。

小さな鍵やカードは持ち歩くと失くしてしまいがちですよね。

しかし、ご自身の持っているスマホがレンタルルームの鍵代わりになれば、鍵を紛失するリスクを軽減することができます。

 

場所貸し型トランクルームの契約もスマートフォンでOK

契約

 

場所貸し型トランクルームの場合、基本的には「電話」での問い合わせや「来店」をし、必要書類の記入や本人確認書類の提出などの細かな手続きを経て契約に至ります。

しかし最近では、スマートフォンやパソコンを利用し、WEB上での契約手続きを可能とするサービスも増えています。

 

WEB上でトランクルームを契約する場合、専用サイトでトランクルームの空き状況や見積もりを確認し、利用日を決めて申し込みます。

専用メールから申し込み画面に進み、支払い方法や本人確認資料を提出します。

スマートフォンから申し込みをする場合、運転免許証や健康保険証はカメラで撮影したデータを添付することで本人確認書類を提出が可能です。

(※事業者・サービスによります)

 

わざわざ来店をする手間や、郵送でのやり取りを省くことができるため、トランクルームの利用がより手軽になりますよね。

もちろん、受付時間に制限はないので、時間や場所を問わず申し込めるところもうれしいポイントです。

 

スマートフォンのおかげでトランクルームが益々便利に!

ゆとり

 

 

手元にあるスマートフォンひとつで、トランクルームの契約手続きや出し入れ、さらに荷物の管理から不用品売買まで、幅広いサービスが利用できるようになりました。

トランクルームは、ただ荷物を預け入れるだけの場所ではなく、スマートフォンを利用することで新しい可能性を開拓しています。

 

いったい次はどのような新しいサービスが登場するのか、今後のスマホを活用したトランクルームサービスに益々期待が高まります!

 

 

Facebookアカウント:フォローしていただくと最新の記事をお知らせします

Twitter:イコムの中の人が個人的に気になる情報を発信します