近年、仕事スタイルに合わせて多様な働き方が広まってきました。
起業のためにレンタルオフィスを借りる人、シェアオフィスで交流を図りながら仕事をする人、様々な方法でフリーランスやノマドワークを実現する人などなど。
今回は、マ〇コもビックリした!シェアオフィスとレンタルオフィス、そしてコワーキングスペースをご紹介します。

 

レンタルオフィス

 

レンタルオフィスでは、個別の占有ワークスペースを借りることが出来ます。
机や情報機器等の必要なオフィスの設備が予め用意されており、個室でセキュリティも確保されています。

自分で事務所を賃貸すると様々な面倒な手続きが必要ですが、レンタルオフィスにはそれらが不要。

入居したらすぐに仕事ができるのが魅力です。
別名サービスオフィスとも言います。

 

また、個室のサイズも様々です。
個人使用の小さな空間から、数人で使用できる大きなレンタルオフィスまで様々なサイズがあります。事業拡大や縮小に沿って、同所在地内で変更ができます。

 

自分専用オフィスを持ちたい。一人でじっくりと向き合う事のできる仕事スペースがほしい。
でも費用は抑えたい……手続きを簡単にしたい……という方におすすめです。

 

シェアオフィス

 

シェアオフィスでは、自社だけではない複数の利用者と共に、共有のワークスペースを借りることができます。
会議室を借りられるようなシェアオフィスでは、打合せ場所としても人気があります。カフェの様な感覚で、沢山の人がいる中で、作業の時だけ利用する等、フリーランスやノマドワーカーの方に適しています。
また別の会社の人も共同でオフィスを利用するので、多くの人と交流できます。

 

シェアオフィスには、個別の占有スペースは基本ありません。
その為、機密情報の取り扱いにはとても注意を払わなければなりませんし、共有電話に出る場合にはその都度移動しなければいけません。

 

コワーキングスペース

シェアオフィスと似ておりますが、シェアオフィスは作業をする場であり交流は比較的緩やかに行われるのに対し、コワーキングスペースは利用者同士が交流を図ることを大きな目的としています。
交流会やセミナーが行われているコワーキングスペースも多数あります。
キッチンが設置されている場所もあり、パーティなどを開催することで交流を深めようというコワーキングスペースもあります。

コワーキングスペースは運営業者によって様々な機能があります。
仕事をする場であるワークスペースも設置されていますが、その形態は運営業者により、フリーアドレスであったりと様々です。
コミュニケーションを活発に交わす事が大きい目的である為、静かなところで作業をしたいという人には向いていません。

 

まとめ

シェアオフィスとレンタルオフィス、コワーキングスペースの違いを以下にまとめてみました。

 レンタルオフィスシェアオフィスコワーキングスペース
貸してくれるもの個室ワークスペースワークスペース
コミュニケーション
起業家・スタートアップ・小企業
中企業・大企業
セキュリティ・情報機密×

シェアオフィス、レンタルオフィス、コワーキングスペース、それぞれに魅力があります。
あなたは現在、自分に合った働き方を実現する上で、どのように仕事場を選んでいますか?
自分に適しているのかしっかりと検討して、理想のワークスタイル実現のために利用してみてはいかがでしょうか。
イコムでは現在、レンタルオフィスをご用意しております。利用してみたいという場合は、ぜひ一度問い合わせてみてください♪

>>イコムのレンタルオフィスを見る

 

【ハビットマガジンからのお知らせ】
トランクルームを活用すればあなたのお家が広くなる!
トランクルーム・コンテナをお探しなら弊社の物件検索サイト「habit(ハビット)」へ

現在キャンペーン実施中です。

レンタルコンテナ「ハローコンテナ蕨・戸田」賃料3ヶ月分→0円
レンタルコンテナ「ハローコンテナ川口新堀町」賃料2ヶ月分と鍵代3,300円 →0円
レンタル物置「トランクデイズ物置」賃料2ヶ月分と鍵代3,300円 →0円
室内型トランクルーム「トランクデイズ」初回2ヵ月分の賃料→0円
友人紹介キャンペーン初回2ヶ月分の賃料→0円
WEB申込み初月賃料&事務手数料1500円→0円
※キャンペーンの併用はできません

詳しくは レンタルトランクルーム・コンテナ物件検索サイト
habit(ハビット)をご覧ください。