「賃貸だからキッチンの整理整頓が難しい!」

「賃貸のキッチンをキレイに収納させたいと思っても狭いから難しい」

と、キッチン収納をあきらめている人って多いと思います。

賃貸のキッチン収納スペースは狭いからといってあきらめがちですが、実はアイデアひとつですっきり収納できるんです!

 

 

使用頻度別に収納場所を決める

キッチン収納を考える時、使用頻度が高いものには、しっかりとした収納スペースを作り、出し入れに時間と手間をかけないことが大切。

例えば、しゃもじ、ピーラー、大さじ小さじなど、出番が多いキッチンツールだけ固めて収納すると、使用したい時にすぐに取り出せます。

これらを一か所に固めることで、他のツールをかき分ける必要がないため、衛生面も安心。

 

おすすめの収納グッズは、ホームセンター「カインズ」の収納アイテム「Skitto(スキット)」

http://www.cainz.com/jp/skitto/

スキットは、自分が望むスペースに、きちんと収めることができるアイテムです。

価格はサイズによって異なりますが、300円から600円程度です。

 

また、キッチンの整理整頓には、ファイルボックスも便利です。

ファイルボックスは、ファイルや書類を入れるものですが、キッチンでも大活躍!

100均でも購入できますので一度試してみてはいかがでしょうか。

 

 

小物はわかりやすく収納

 

お弁当作りに必要なアイテムは、細かいものが多いため、引き出しに入れても中で散乱してしまいがち。

小さなアイテムは、なるべく細かく分類して、忙しい時間帯でも簡単に取り出せるようにしておくと便利です。

例えば、お弁当用のピックを探す時に、パッと見てピックの長さの違いはすぐに判別できません。

そんな時は、ピック一つでも、長さ別に分けて収納しておくことで、 目的の長さのピックがすぐに探しだすことができます。

 

引き出しの細かい収納アイテムは、伊勢藤の引き出しタイプトレー テンダーワイド仕切り板付がおすすめ。

引き出しに取り付けると細かい小物をスッキリさせられます。

Amazonや楽天などで購入できますよ。

 

 

吊るして収納

吊るしたフライパン

 

キッチンでよく使う物は収納してしまうよりも、S字フックを使用して吊るしてみてはいかがでしょうか。

吊り下げることで乾く速度も早くなるから衛生面もばっちり。

吊るすアイテムは、吸盤式のタオルハンガーに、S字フックを組み合わせる方法が簡単です。

この方法なら壁に穴をあける心配もないから賃貸でも安心。

高さや、場所も簡単に動かすことができるから便利ですよ。

 

~教訓~

賃貸の収納は細かく分ける。

 

 

狭い隙間の収納術

シンク下収納

 

賃貸のキッチンで、狭い隙間でデッドスペースになっている場所はありませんか?

狭い隙間だからといってその場所を空けておくのはもったいない!

そんな狭い隙間でも、工夫次第でしっかり収納ができます。

 

メッシュラックを活用する

メッシュラック

https://matome.naver.jp/odai/2135825283303815501/2135834188811655803

これはキッチンには必須アイテム。

例えばメッシュ板と、100均の突っ張り棒を組み合わせるだけで、簡単にメッシュラック棚を作ることができます。

つっぱり棒は、使い方次第で収納の幅が広がります。

普通の棚が置けないような狭いスペースでも、突っ張りラックの棚が、立派な収納スペースに変身するんです。

 

シンク下を上手に利用する

シンク下は、高さがあるため、ラックがあると便利です。

でも、シンク下は、排水ホースがあるから棚が置きにくい。

そんな時は、突っ張り棒とすのこを使えば、簡単な棚がシンク下に作れます。

すのこ以外でも、板や網でもいいですね。

 

~教訓~

つっぱり棒はキッチンの収納に大活躍のアイテム。

 
 
Facebookアカウント:フォローしていただくと最新の記事をお知らせします

Twitter:イコムの中の人が個人的に気になる情報を発信します