僕は一時期、トランクルームを趣味の部屋として使えないか考えていたことがあります。

トランクルームなら自分の好きなものをおけますし、個室なのでプライベートな空間を作れます。

何より趣味のためにアパートやマンションの一室を借りるよりはるかに安いのが、いちばんの理由です。

 

トランクルームに住んではいけない、というのは最初から知っていました。

でも、「週に1~2度程度、少しの時間滞在して、趣味に没頭するだけならセーフなのでは?」と考えたのです。

 

けれど結局、僕の甘い考えはもろくも崩れ去ることになりました。

 

 

 

トランクルームを趣味部屋として使おうとした僕の話

トランクルームの中

(C)ICOM

 

そもそも、僕がトランクルームを利用したかった理由の1つが、部屋のスペースを著しく消費してしまっている書籍類を保管するためでした。

小説や漫画など好きな本に囲まれていたいのはやまやまですが、「どうにかして欲しい」という妻のクレームもありました。

そこで、仕方なくトランクルームへ保管することにします。

 

そして、いざトランクルームに本を収納する様子をイメージしたときに、僕はふと思いつきました。

「トランクルームにイスの1つでも持ち込めば、本に囲まれながらゆっくり読書に没頭できるのでは?」

 

トランクルームを住居として利用することは、法律的に禁止されていることは知っていました。

けれど、あくまで静かに読書をするための空間として、例えば週に1~2度、12~3時間くらいであれば許されるのではないか?と考えたのです。

 

自宅がそんなに広くないので、自分の本だけに囲まれた個室で、誰にでも邪魔されずに読書できるというのはかなり魅力です。

 

 

 

トランクルームを趣味の部屋化するのを諦めた理由

飲食禁止、火気禁止のサイン

 

トランクルームを、安価で使い勝手のいい趣味の部屋化できないものか。

そんな淡い期待をもって、あくまで低姿勢で、実際に利用を検討していた「ハローストレージ」へ問い合わせたり、自分で調べたりもしてみました。

結果、以下にあげる5つの理由で、趣味の部屋化は諦めました……。

 

・荷物の運搬以外の滞在は、規則で禁止されている

・屋内型はセキュリティが厳しく、たいていの個室には窓もない

・屋外型では空調が整っていないので、夏は暑くて冬は寒い。場合によっては照明も暗い

・飲食物の持ち込みは、当然禁止

 

どういうことなのか、くわしく解説しますね。

 

荷物の運搬以外の滞在は、規則で禁止されている

 サポートセンターの方に、まず言われたのはこの点です。僕は正直に「住むつもりは当然ない。ただ週に1~2度、2~3時間読書するだけ」と伝えました。

 

その程度の滞在でも許可してもらえませんか? と。

 

サポートセンターの方は申し訳なさそうに「いえ、短時間だとしても、そもそも荷物の運搬以外の理由でトランクルームに滞在いただくのは禁止させていただいております」とおっしゃられました。

 

予想はしていたのですが、案の定。

 運営側からすれば、たとえ短時間であっても、許可していたら管理がしきれなくなる、ということなのでしょう。

 

 

屋内型はセキュリティが厳しく、たいていの個室には窓もない

そこで、仮に黙って滞在したらどうなるだろう、とイメージしてみます。

 トランクルームには屋内型と屋外型がありますが、一般的に空調があって快適に過ごせそうなのは屋内型。

 

ただし、その屋内型は監視カメラがあったり入退室管理がしっかりしていたりして、「荷物の運搬目的ではない」長時間の滞在をしていることがバレやすいと考えられます。

スタッフの方が常駐していたり、頻繁に巡回していたりするような屋内型も多いです。

そのため屋内型で「こっそり滞在する」のは難しいでしょう。

しかも、たいていの個室には窓もないので、滞在した場合、閉塞感が否めません。

 

 

屋外型では空調が整っていないので、夏は暑くて冬は寒い。場合によっては照明も暗い

 屋内型はセキュリティがきびしいからダメとして、屋外型はどうでしょうか?

屋外型であれば仮に「こっそり滞在」しても、屋内型よりバレにくいかもしれません。

 

ただし屋外型では、基本的に空調が整備されていることはほとんどないので、夏は暑く、冬は寒い環境に耐えなくてはなりません。

春や秋はいいもしれませんが、夏冬はそんな空間で快適に読書はできないでしょう。

 

時々、コンセント付きのトランクルームもあるため、冷暖房機を持ち込めば過ごしやすくなるかもしれません。

しかし電気をつかっていることが分かれば、長時間滞在していることがバレることになります。

 

 

飲食物の持ち込みは、当然禁止

 長時間、読書をしていれば当然喉が渇きますし、お腹も空きます。

ですがトランクルーム内は、当然、飲食禁止。

食べ物を保管すること自体禁止している会社もあります。

 

 

以上のことから、そもそも長時間滞在するのに適した設備でないことがよくわかります。

 これまで見てきたように、屋外型では空調がなかったり、飲食が禁止されていたり。

それ以外にも屋外型では、トイレがないことがほとんどですし、水回りの設備もたいてい完備されていません。

 

 

 

もし、トランクルームに長時間滞在したらどうなる?

トランクルーム

(C)icom

 

それでは規約に反して、トランクルームに長い時間滞在したらどうなるでしょうか?

 

 僕は実際、トランクルームに寝泊まりしていた人が、即時解約させられていたという話を聞いたことがあります。

たとえば、ハローストレージの規約では、禁止事項の1つとして「レンタルボックス内外のスペースならびに敷地内において宿泊、滞在、飲酒、飲食、その他物品類の収納・搬出以外の行為をすること」とはっきり記載されています。

また、別項では、「禁止事項に違反したら直ちに契約を解除できる」とあります。

 

仮にこっそりとトランクルームに滞在していて、スタッフの方に見つかったら即時解除の扱いを受けても文句は言えないということです。

そのうえ、相応の罰則を科せられることも覚悟せねばなりません。

 

 

僕が選択した代替え案

シェアオフィス

 

本に囲まれてゆっくりひとりの時間を過ごせるような部屋は、やはり安価な値段では確保できないのでしょうか。

 

トランクルームを趣味の部屋化するのをあきらめた僕が、代替案として思いついたのはシェアオフィスの利用。

 シェアオフィスとは、簡単に言うと複数人でスペースを共有するタイプのオフィスをさします。

共有するとはいえ、パーテーションなどで区切られているので個室を利用することができます。

2~3平方メートル程度の個室なら、都内でも月3万円前後とアパートの一室を借りるより安価です。

 

あと、これは正確には代替え案とは言えませんが、そもそも場所をとらない電子書籍をたくさん購入し、ファミレスやカフェでゆっくり読書するという方法もあります。

プライベート空間ではありませんが、「本に囲まれてゆっくり自分の時間を過ごす」というコンセプトは実現できています。

 最近では僕も、同じ書籍を買うにしても電子書籍で買えるなら電子書籍を選ぶことの方が多くなっています。

 

 

 

【参考】共有スペースに滞在できる次世代型トランクルームもある

 トランクルームには滞在ができない、というのは今までお伝えしたところ。

ですが、実は滞在が可能なトランクルームもあるのはご存知でしたか?

それが「ライゼホビー」(https://www.reise-hobby.com/)という新しいトランクルームのサービスです。

 

ライゼホビーでは、2階建てメゾネットタイプやロフト付きガレージといった空間が提供されます。

そのうえで、趣味のコレクションをディスプレイしたり、書斎にしたり、はたまたヨガ教室のスタジオ代わりに使ったりと、使い方は自由です。

エアコンやトイレ、無料のインターネット環境まで完備。まさに至れり尽くせりで、トランクルームを趣味の部屋として使いたい僕の希望は完全にかなえられます。

 

ただし、月額費用は十数万円とアパートの1室を借りるより高くついてしまいます。

よいサービスではありますが、「アパートを借りるより安い費用で趣味の部屋を持ちたい」という要望にはミスマッチです。

 

また、埼玉県さいたま市のトランクルーム「トランクデイズ中川」

(https://habit156.com/container/tdnakagawa/)では、共有部分で自由に休憩や読書ができます。

共有スペースなので、他の方が使っていたら使えないなどの注意点はありますが、トランクルームに収納した本を手軽に読むスペースとしてはありですね。

賃料も4,011/~と安価ですし、こういったサービスが自宅のそばにあったら検討してみたいです。

 

トランクルームバナー

 

(C)icom トランクデイズ中川の共有スペース

 

 

【お知らせ】
高品質&格安なトランクルームあります!

創業25年の株式会社イコムでは、埼玉・東京エリアで約3,800室ものトランクルーム(屋外コンテナ含む)を運営しています。

好立地、高セキュリティー、無料駐車場つき、24時間出し入れ自由等。

料金や空き状況はもちろん「実際どのくらい荷物が入るの?」「もっとお得に借りる方法はないの?」等、お客様おひとりおひとりの暮らしに寄り添い、親身にお答えします。
収納にお困りの方は、お気軽にご相談くださいませ。

お問い合わせはこちらから

 

 

Twitter:habit magazine:編集部員の主婦二名、粛々と活動中

Facebookアカウント:フォローしていただくと最新の記事をお知らせします