家の収納が少ない、普段使いしないけれど必要なものがある、などの収納のお悩みはありせんか?

一般家庭でレンタルスペースを利用する、なかなかピンとこないかもしれませんが、選択肢としてはかなりあり!

五月人形やお雛様、災害グッズのストック、季節家電の収納……可能性は広がります。

レンタルスペースをまだ未体験の方に、家の収納を担う主婦目線での活用法を提案します!

 

 

 

普段使いしないものをレンタルスペースへ

昔買った漫画、思い出のつまった子どもの絵本の保管

様々な本

 

結婚して子どもが産まれて、自分の荷物は簡単には増やせないようになってきたところに、実家から「そろそろ実家に置いてある本を引き取って欲しい」と言われて慌てました。

すでに我が家には、子どもが赤ちゃんのころから月齢に合わせて買った絵本がたくさんあります。

思い出が詰まっているので、もう読まなくなった本も、簡単には処分できません。

そんなときレンタルスペースに本棚を置いて保管する可能性を知り、胸がトキメキました。

 

 

着ない洋服をレンタルスペースで一時保管

様々な洋服

 

家族が増えて、洋服の量も増えました。

流行りやサイズがあるので着るのは一握りですが、我が家には簡単に処分できない理由があります。

それは男の子3人兄弟だから!

 

上の子が着られなくなったとしても、下の子が着る可能性があるので処分できないんです。

長男がサイズアウトした服を次男のために残す、けれど着るのは2~3年後なのでその期間保管していなければなりません。

次男から三男も同様です。

三男がサイズアウトして、初めて処分します。

 

着られなくなった服も破れていなければ捨てず、リサイクルショップへ持っていきます。

夏物は春に、冬物は秋に売ったほうが高く買い取ってくれるので、適した季節になるまで保管。

着ない服がたくさんになってしまうのです。

着られるようになるまで、売るのに適した季節になるまで、レンタルスペースで保管できたらだいぶ助かります。

 

 

実家から持って帰ってきた思い出グッズの保管

アルバムとボールのイラスト

 

夫の実家から、夫の使わない荷物を引き取ってきました。

ダンボール2つ分の荷物は、夫の学生時代のアルバムや、小学生用の空気が抜けたサッカーボールなど、思い出の品でいっぱい。

 

すでに引き取ってから2年以上手つかずですが、さすがに捨てられません。

でも目に付くたびに「邪魔だな」「捨てたいな」とネガティブな気持ちになってしまいます。

これから先おそらく使わないけれど、絶対捨てられない思い出の品々。

日常的に目につかないレンタルスペースに引っ越してもらい、ネガティブな気持ちとさよならします!

 

 

 

出番は年に1度!五月人形やお雛様の保管

五月人形

 

我が家の子ども達は男の子3人、五月人形も3つあるんです。

全員男の子なら1つでいいものを、義実家の「かわいそう」の一言で3つ買う羽目に。

男女の子どもがいる家庭でも、五月人形とお雛様両方あって場所を取る、という話を耳にします。

 

出番が少ないといえば、運動会やお花見などで活躍する三段お重や大きいお弁当箱。

我が家では多くても年3回が限度、年1回のときだってありました。

年に1回しか登場しない、使っても年に数回、けれど子どもがいる限りは使うものたち。

出番の少ないものこそ、レンタルスペースで賢く保管したいですね!

 

 

 

災害グッズをレンタルスペースでも管理

防災グッズ

 

家族5人の備えは多い!レンタルスペース利用で安心を確保

平成の後半は自然災害が多く、我が家の災害グッズも見直しました。

生きていく上で欠かせない水、大人が1日に必要な量は2L〜3L。

ペットボトル1本分では心許ない量です。

 

5人家族の我が家、3人は子どもですが、大人と同じ量で水をストックしておきたいところ。

1週間分あれば安心ですが、1週間分×5となるとペットボトル35本を保管しておくことになります。

収納を圧迫する量、ペットボトル35本なんてスーパー以外で見たことはありません。

こんなとき、レンタルスペースがあれば十分な量を確保しておけます。

 

 

保管場所を増やしリスクを分散化

災害時、家が無事とは限りません。崩壊や火事、水害も考えられます。

災害避難グッズを準備していても、家の被害で持ち出せなかったら使うことができません。

レンタルスペースでも、災害グッズを準備しておくことで、リスクの分散化ができます。

 

もしも家が被害に遭い保管していた災害グッズが使えなくなってしまっても、レンタルスペースは被害を免れる可能性があります。

家でも保管して、レンタルスペースでも保管して、リスクを分散する。

複数の場所での保管で、保険を持てるので安心です。

 

 

 

レンタルスペース、おすすめは空調管理された屋内

空調を完備したトランクルーム

(C)ICOM

 

家で収納するものは屋内レンタルスペース

ここ数年は夏の暑さが異常なので、保管していたものが暑さで変形してしまっては困ります。

特にデリケートな衣類や紙もの、写真などを屋外コンテナに収納するのはためらいます。

その点屋内型レンタルスペースであれば、空調管理されていて安心して保管できます。

別邸・書庫のイメージで使えますよね。

 

 

屋外レンタルスペースにこそ収納したいものとは?

我が家には使っていない自転車があります。

町内の新年会でのビンゴ大会でもらったもので、嬉しいけれど今はいらない!そんな自転車です。

 

また、庭の雑草を刈るのに便利な芝刈り機。

が欲しい、と夫が買ってきた芝刈り機。小型ですが、家で保管するには大きい。

しかも多忙な夫はめったに使用しません。でも捨てられない。

まずはこの2点をすぐにでも屋外コンテナに収納したい私です

 

 

このように、とくにお子さんがいる家庭では

・使用頻度は少ないけれど使用するもの

・今は使わないけど、いずれ使うから捨てられないもの

・子どもの成長の思い出がつまったもの

がたくさんありますよね。

 

しか当然、家の収納は有限です。

そんなとき、レンタルスペースで保管するのはどうでしょうか?

処分せず家を広々使える方法として、かなり使える選択肢だと思います。

 

 

 

【お知らせ】
高品質&格安なトランクルームあります!

創業25年の株式会社イコムでは、埼玉・東京エリアで約3,800室ものトランクルーム(屋外コンテナ含む)を運営しています。

好立地、高セキュリティー、無料駐車場つき、24時間出し入れ自由等。

料金や空き状況はもちろん「実際どのくらい荷物が入るの?」「もっとお得に借りる方法はないの?」等、お客様おひとりおひとりの暮らしに寄り添い、親身にお答えします。
収納にお困りの方は、お気軽にご相談くださいませ。

お問い合わせはこちらから

 

 

Twitter:habit magazine:編集部員の三姉妹、地道に活動中(一緒にやりましょう!)

Facebookアカウント:フォローしていただくと最新の記事をお知らせします