皆さんは「浦和グルメ」と聞いて、どんなものを思い浮かべますか?

埼玉県民に「浦和グルメって何?」と聞くと「ん~うなぎ……かな?」と答える人が多いかもしれません。

浦和のゆるキャラとして「浦和うなこちゃん」という、おにぎりのような三角頭の可愛いキャラクターが存在しています。

この、うなこちゃんの可愛さはお墨付き。

なぜかというと、かの有名な国民的アニメで知られる、故・やなせたかしさんがデザインしたキャラクターなのです。

 

unako

 

さて、なぜ浦和は鰻が有名なのでしょう?

一昔前、浦和は沼地だったので、鰻・どじょう・なまず・鯉などの川魚がよく獲れたので、江戸時代から鰻屋が増えて有名になりました。
(ちなみに、鰻以外の川魚料理のお店も、浦和にはまだ何軒残っています)

 

そこで、ちょっと気になった浦和の歴史を辿ってみると、なんと……!

戦国時代には既に「二・七市場」という、2と7のつく日に開かれた市場が賑わっていたようで、かの有名な徳川家康らが浦和へ鷹狩りに訪れた際には「御成御殿(別名・浦和御殿)」という休憩所を設置し、現在はそこが常盤公園となっています。

まさか、泣く子も黙る征夷大将軍・徳川家康が、浦和へ出入りしていたとは!

浦和育ちの私でも初耳で驚きました。

 

そして、江戸時代には中山道の宿場町「浦和宿」として賑わうようになり、その後も浦和は大きな戦乱にも巻き込まれることもなく、平和な街として栄えてきました。

現在も文教地区として落ち着いている雰囲気は、昔からの名残だったんですね~。納得です。

 

浦和で一番有名な、鰻屋さんはどこ?

うなぎ

 

さすがうなぎの街として知られているだけあって浦和には沢山の鰻屋さんがあります。

まずは、皆さんもよくご存じの有名グルメサイト「食べログ」の全国うなぎ屋ランキング20位以内にもよく入っていて、埼玉県No.1を誇るのが、こちらの名店!

 

(店舗情報) 「鰻 むさし乃」

 

[住所] 埼玉県さいたま市浦和区東高砂8-3 1階 (浦和駅東口より徒歩4分)

048-883-6344 平日のみ予約可、土日祝日・繁盛期は予約不可

[食べログ]

https://tabelog.com/saitama/A1101/A110102/11003959/dtlmenu/

[公式サイト]

http://unagimusashino.com/

 

ランチでも、鰻重が5,290円から!と一般の主婦の感覚的には、なかなか勇気のいるお値段です。

でも、ちゃんとお高い理由があるんですね。

フワフワとした肉厚の鰻は最上級の宮崎県産ブランド鰻。

それを丁寧に1本1本、手で小骨を除き、備長炭で焼き上げているとのことで、お店のこだわりを感じます。

 

私の周りに鰻が苦手な人が何人かいるのですが、嫌いな理由を聞いてみると、小骨が喉に刺さるから嫌だという人が多いんですね。

そういう人には「むさし乃」のきちんと小骨を除かれている鰻をおすすめします。

一度食べた人は、やみつきになり、またすぐに食べに行きたくなる程ハイレベルな鰻。

訪れたお客さんを皆唸らせる「むさし乃」の鰻は格別です。

 

予約をしない場合、開店後すぐに売り切れとなる日が多いようなので、余裕を持って開店前には並ぶつもりで行った方が良さそうです。

その日に出せる鰻の数は決まっているので、予約が多い場合オープン早々に売り切れてしまうこともあるみたいなので、ご注意ください!

 

 

もっとリーズナブルで穴場の鰻屋を教えて!

年々、値段が上がり続けている鰻は既に贅沢なメニューであり、なかなかランチで5,000円以上もする鰻は気軽には食べられない……。

だけど、鰻が好き!美味しい鰻が食べたい!という私と同じ気持ちの方へ朗報です。

 

グルメサイトの口コミを見ても色んな意見があるので、1軒に絞るのは至難の業。

でも、せっかく貴重なお金と時間を費やして食べるのに店選びは失敗したくない!

なんて思う方も多いはず。

そこで、浦和で生まれ育った筆者だからこそ知っている、近所でも定評のある、リーズナブルな美味しい鰻屋を紹介したいと思います。

 

和香(わか)

 

埼玉県さいたま市浦和区本太3-1-18 (浦和駅東口から徒歩15分)

048-884-0649 予約可、土日は予約不可

※7席しかない小さなお店なのでご注意ください。

[食べログ]

https://tabelog.com/saitama/A1101/A110102/11003941/

 

こちらは浦和駅から歩くとちょっと距離があるので、相当な鰻ファンしか来ないかもしれません。

しかも、ランチのうな丼1,200円は20食のみ限定!かなりの競争率。

行く前に、お店へ電話して確認してから行くことを強くオススメします。

 

夜のうな重は、竹1,800円、松2,300円、特上でも2,900円とかなりリーズナブル!

そして、うな重以外にも、鰻通は必ず頼むという人気メニューが単品であります。

それは、きも焼き(550円)串刺しになった鰻の肝が2本セットになっています。

ソースはかなり甘め、食感がフワフワと柔らかい身が好きな人に向いているお店です。

 

こちらの和香さんは、うなぎができるのを待っている間もカウンターから焼いている様子が伺うことができるので、うなぎ独特な香ばしい煙と匂いが店内に立ち込めています。

五感で感じながら食べられるのは風情もあり、余計に美味しく感じますね。

 

浦和で美味しい焼き肉が食べたい!

焼肉

 

次にみんな大好き!私も大好物!焼き肉の美味しいお店をご紹介します。

まずは、お値段は張るけれど、高品質で安定した美味しさを提供してくれる

 

[炭火亭 元町店]

埼玉県さいたま市浦和区元町2-21-20 (北浦和駅東口より徒歩5分)

048-881-9288 予約可

[食べログ]

https://tabelog.com/saitama/A1101/A110102/11018168/

[公式サイト]

http://www.sumibitei.co.jp/tenpo/motomachiten.html

 

私は昔から家族との焼き肉はここでした。

まず嬉しいのが、個室が予約できること。

小さい子連れの家族でも、友達同士でも、気兼ねなくゆっくり食事を楽しめます。

個室は高級感もあり、落ち着いた雰囲気なので、誕生日や記念日などのお祝いごとにもピッタリです。

 

創業35年とのことで、長く続いている実績からも味は保証されていると判断できます。

 

浦和エリアは味さえ美味しければ、多くの近隣の住民がリピーターとして根付くので、長く続いている老舗も少なくありません。

浦和っ子は地元愛が強いこともあり、流行りの新しい店よりも本当に味が美味しいと仲間内で認めた店の常連となり、良い店を支えている気がします。

 

「炭火亭」の魅力とは?

 

「炭火亭」の最寄りである北浦和駅は、浦和駅からJR京浜東北線に乗ればたったの1駅。

「炭火亭」は、時間に余裕がある時に行くと良いですよ。

その理由は……。

「炭火亭」の斜め前には、スーパー銭湯「考楽(こうらく)」があるんです。

食後に銭湯に立ち寄れるなんて嬉しいですよね。まさに一石二鳥!

 

考楽(こうらく)

埼玉県さいたま市浦和区元町2-18-12

048-678-1126

(公式サイト)

http://www.yuyashiki.com/contents/guide/

 

「炭火亭」は何を選んでも、外れはないので安心して下さい。

お肉はもちろん凄く美味しいですし、〆の冷麺もとても美味しいので夏場は特にオススメです!

 

定番の焼き肉メニューは、ほぼ揃っていると言えるでしょう。

あとは好みとお財布との相談ですね。

私は、王道ですがカルビが凄く美味しい!と思います。

カルビ980円はそこそこのお値段ですが、黒毛和牛という安心感と、他店では特選カルビのレベルが「炭火亭」では普通のカルビに匹敵すると言えるでしょう。

 

とにかく本当に美味しいお肉を少しずつ味わいながら楽しみたい、という大人向けのお店です。

年を重ねると段々とカルビの脂身が胃もたれするようになりますよね(笑)

 

しかし、私は「高くて美味しい料理は当たり前」だと思っていますので、それを良い意味で裏切るような衝撃……

「安いのに美味しい!コストパフォーマンス良すぎ!」と、感動するような店を探し求めています。

そこで、浦和エリアでコストパフォーマンス最高!な焼肉屋をご紹介します。

 

[焼肉山河(さんが) 北浦和店]

 

埼玉県さいたま市浦和区北浦和1-8-14 (北浦和駅東口より徒歩3分)

050-5571-3488

平日の19時までに入店できる場合のみ予約可(予約数に上限あり)※基本2時間制

※連日、店の外に列ができてますので、なるべく早い時間の入店をオススメします。

 

[食べログ]

https://tabelog.com/saitama/A1101/A110102/11026057/

 

「美味しいお肉をリーズナブルに!」という、お店のモットーがしっかりと感じられる良心的な最大の魅力です。

安さの秘密は、問屋直営店だからということ。

こんな安さで提供できるのならば、もう他の焼き肉屋も全て問屋直営にすれば良いのに!

と焼き肉が大好き過ぎる私は、勝手なことを考えてしまいました。

 

常に混んでいるので基本2時間制ですが、店員さんの数も多く、注文に呼び鈴を鳴らすとすぐに駆けつけてくれて、サッと運ばれてくるので2時間で十分に満腹になります。

ゆっくりと落ち着いたデートをしたい方には不向きかもしれませんが、飽きやすい子どもを連れていると、ちょうど良いテンポでした。

常にワイワイガヤガヤとした雰囲気ですし、ここだったら子連れでも気兼ねなく好きな物を好きなだけ頼んでも会計時に冷や汗をかくことはないと思います。

 

なんと「山河カルビ」は500円以下!脂がのっていて厚みもあります。

味付けも注文時に選べるのですが、「山河サガリ」の味噌味がとても美味しくて、他店ではあまり食べられない味でした。

「中落ちカルビ」も柔らかくて、クセになる美味しさ!ぜひ食べてみて下さい。

 

 

あなたは、どちらを選びますか!?

グルメ

 

今回は、浦和の名物うなぎと皆が大好きな焼き肉にスポットをあててみました。

予算は高めだけど、安定の美味しさを誇る老舗。対して、リーズナブルで美味しいお店。

 

私は、どちらのお店も大好きですが、そこは主婦の身。

やはりお財布に優しくて美味しいお店を何度もリピートしたい派です。

高級なお店は、家族の誕生日や夫婦の記念日にとっておきたいですね。

 

気になる方は、ぜひ4軒すべて行ってみて、ご自分の目と舌で確かめて下さいね!

どこを選んでも後悔はしないはずです。

4軒とも浦和っ子が胸を張ってオススメできる名店です。

 

※参考・・さいたま商工会議所「浦和の歴史を辿る」より「浦和小史」

http://www.saitamacci.or.jp/exploration/course_06/course_06.asp

 

Facebookアカウント:フォローしていただくと最新の記事をお知らせします

Twitter:イコムの中の人が個人的に気になる情報を発信します