子どもが大きくなってくると、家の中にものが溢れるようになってきました。

私は、なるべく服や思い出の品を取っておきたいタイプなので、収納やものの管理には人一倍気を使っています。

それでも自宅のスペースだけでは限界があり、最近ではトランクルームを利用するようになりました。

 

トランクルームは荷物を預けられる便利な倉庫なので、現在は、私物を保管しながらメルカリなどに出品する商品管理のためにも利用しています。

でも、ものの管理は素人には意外と難しく、私は何度も解約を繰り返す羽目になってしまいました。

 

そこで気づいたのですが、トランクルームは最初の選ぶ段階で、多くのことが決まってしまうようなのです。

私のこれまでの失敗から、後悔しないトランクルームの選び方には、4つのポイントがあると思います。

私なりの選び方を伝授したいと思いますので、これから同じようにトランクルームを利用したいと考えている人は、参考にしてみてください。

 

1:利用しやすい距離を考える

距離を示すピン

 

チェック①入れたい荷物は今どこにあるか?

チェック②取り出したいときはいつか?頻度は?

チェック➂誰がどんな方法で利用するか?

 

値段が安い、大きな部屋使える、そんな魅力的なトランクルームでも、遠方にあると利用が面倒になります。

最初は通えると思っても、なんだかんだいって億劫になってしまうものだと、実際利用してから気づきました。

ですから、なるべく利用しやすい場所にあるトランクルームを探すことが選び方のコツとなります。

 

私も最初、距離のことは考えず、ネットで一番条件の良かった場所に決めてしまったので、継続利用するには本当に苦労しました。

基本的に自宅や職場から通える距離を選ぶのがコツで、生活圏内にあるトランクルームが最適となるでしょう。

 

他にも、買いものや趣味のジムにいった「ついで」に寄れる場所を選んだのも、結果的に正解でした。

トランクルームだけを理由に出かけるのは、よっぽど時間に余裕がある日以外は無理です。

あくまでトランクルームはついでの予定に留めておくのが、継続した利用につながると思われます。

 

また、私の場合はネットに出品するためにものを移動させることが多いので、トランクルームに行くときは毎回車を使っています。

そのため近くに駐車場があることが絶対条件で、あらかじめチェックしておく必要がありました。

車での移動を前提としているのなら、近くの駐車場や施設を確認しておくのがおすすめです。

 

また、引っ越しの際の短期間に利用する予定であれば、引越し業者に直接トランクルームに入れてもらうのもコツ。

次の引っ越しまで出し入れしない荷物であれば、距離が遠くても、費用が安いところに預ける方がおすすめです!

 

2:荷物の保管状態を考える

湿度・温度計

 

チェック④温度と湿度は要チェック

トランクルームは基本的に密閉空間であるため、温度と湿度のチェックは絶対に欠かせません。

私の知り合いには、トランクルームに預けたことで衣服にカビが生えてしまった人もいます。

快適な保存状態を保てるように、きちんと温度と湿度を管理してくれるトランクルームを探すのも、選び方のポイントになるでしょう。

 

特に湿気に弱いもの(本や衣類など)は、温度と湿度の高い場所に長期間預けると、劣化してしまう恐れがあります。

大切なものを預けるのですから、空調の設備がしっかりと整えられている場所を選んで、後悔しないようにしてください。

私もネットショップに出品する商品を預ける関係から、品物が劣化することはできるだけ避けたいと考えていました。

 

いわゆるコンテナタイプのトランクルームは、空調の設備がなく、温度と湿度が上昇しやすいです。

簡単な通気口がついている場合もありますが、さすがにそれだけではまかないきれないようなので、やっぱり空調設備があるトランクルームを選びたいですね。

契約前に冷暖房や除湿器がちゃんとついているのか、実際に見て確認するようにしたところ、今現在はかなり納得のいくトランクルームを借りられています。

面倒くさがらずに、実際一度はトランクルームを訪れて、中の環境を肌で感じておくのが選び方のコツとなるでしょう。

 

3:適切な広さを考える

 

チェック⑤無駄な広さはむしろ邪魔になる

 

せっかくトランクルームを借りるのだから、なるべく広く、大きなものがいいと考えますよね。

でも私の経験でいえば、無駄な広さはむしろ邪魔になるので、適度なサイズを選ぶのがおすすめです。

 

あまりに広いトランクルームは管理が行き届かず、整理整頓が怠りがちになります。

時間がないから品物を簡単に置いて帰るだけという日もあるので、段々とトランクルームの中がごちゃごちゃになることもありました。

 

そんな失敗を重ねてきたので、私は今どちらかといえばコンパクトなトランクルームを利用しています。

小さめのサイズでもきちんと整理して使えれば、十分な広さを利用できるのです。

100均で買えるような収納棚や仕切りを用意して、あらかじめもののジャンルや大きさで分けられるようにしておけば、手間をかけずに適切な収納ができます。

 

他にも小物類はなくならないように袋に小分けにしたり、色のついたテープで「その場所に何が置いてあるのか」すぐにわかるように工夫するのもおすすめです。

もっといえばトランクルームに預けているものをスマホのメモで管理したいところですが、私はそこまでマメにはできていません(笑)。

以前はとにかく空いている部分にものを置いていただけなので、デッドスペースが本当に多かったです。

でも簡単な棚を作ってみるだけで、収納にピッタリのスペースを作ることはできました。

トランクルームにものを運ぶ前に、ある程度環境を整えておくのがおすすめです。

 

また広さだけでなく、高さをチェックするのも、トランクルームの選び方の重要なポイントとなります。

高さがあるとそれだけものを積み上げることができるので、きちんとした棚を作ればかなりのアイテムを収納できるのです。

もちろん積み上げすぎて崩さないように、ストッパーなどの対策も忘れないようにしましょう。

 

小さめのトランクルームを選ぶことは費用の節約にもなるため、それほど予算をかけられない人にもおすすめしたい方法です。

まずは小さめのものから探して、本当に適切なサイズ感をチェックしてみてください。

 

面倒くさがらずに、実際一度はトランクルームを訪れて、中の環境を肌で感じておくことが大事です。

立ち合いなしで内覧できる業者も多いので、比較的自由な時間でみることができます。

是非一度内覧については業者に聞いてみてください。

 

4:安全性を考える

安心サポートのイラスト

 

チェックリスト⑥信頼できる会社や担当者を探す

チェックリスト⑦防犯対策をしっかり確認する

 

便利なだけではなく、気持ちよく安心して使えるトランクルームを選ぶことも、重要なポイントになると思われます。

「このトランクルーム、本当に安全なのかな?」という疑問があると、なんだか落ち着かない気分になるので、自然と利用の頻度が減ってしまうでしょう。

 

例えば中が汚れていたり、担当の人の感じが悪かったり、怪しい人が同じ場所で利用していたりすると、どうしても精神的な負担になります。

そういったところは何かとトラブルになる可能性があるので、長期間利用するのには向かないですね。

 

私も結局「なんとなく安心できない」トランクルームからは、すぐに移ることになりました。

具体的なトラブルがあったわけではありませんが、そういう気配があるだけで、大切な荷物を預ける気は起こりませんね。

でも実際には、優良なトランクルームを見つけるのは本当に難しいです。

全部のトランクルームをいちいちチェックするのは時間的には厳しく、例え見たとしてもその本質を見抜くのは簡単ではありません。

 

そこで迷ったときは国土交通省やレンタル収納スペース推進協議会が認定している場所を選ぶことで、ある程度高い品質のトランクルームに出会えるでしょう。

他にもネットの口コミから、信頼できる投稿をチェックするのもありですね。

後は単純にそのトランクルームのサービスの充実度から、どれだけ親身になって対応してくれるか計るのもおすすめできます。

とにかく「ここでなら自分の荷物を預けても大丈夫!」と思える場所を見つけることが、トランクルームの選び方のコツです。

 

 

まとめ

☑ 入れたい荷物は今どこにあるか?

☑ 取り出したいときはいつか?頻度は?

☑ 誰がどんな方法で利用するか?

☑ 温度と湿度は要チェック

☑ 無駄な広さはむしろ邪魔になる

☑ 信頼できる会社や担当者を探す

☑ 防犯対策をしっかり確認する

 

トランクルームはどこも一緒なんて考えていると、思わぬ失敗をすることになります。

こちらで紹介した選び方を参考に、何を基準にするべきかあらかじめ考えておくといいでしょう。

トランクルームを有効利用するには、選ぶ段階がとにかく重要なので、ポイントを押さえて確実に優良なものを選んでみてください。

 

最初の頃は失敗したり妥協したりと、上手くいかないこともあるかもしれません。

でも段々と感覚がわかってくると思うので、失敗を糧に自分にとって最適なトランクルームを探し出してみましょう。

 

 

★Facebookアカウント:フォローしていただくと最新の記事をお知らせします

★Twitter:イコムの中の人が個人的に気になる情報を発信します

 

【追記】2018年8月10日